フェレットの寿命や気をつけたい病気、長生きさせる方法を紹介!!

2019年12月2日

フェレット

フェレットはペットとして人気の小動物です。とても可愛いので、飼ってみたい人も多いと思います。今回の記事ではフェレットの寿命や気をつけたい病気について紹介します。

 

 

フェレットは見た目が可愛らしく、飼育もしやすいので、ペットとして人気の小動物です。

 

ペットとしてとても人気が高いですが、フェレットは寿命が短いと言われています。なので、飼育する場合はなるべく長生きしてもらうためにも、しっかりと飼育環境を整えて飼育するようにしましょう。

 

今回の記事では、フェレットの寿命や気をつけたい病気について紹介するので、フェレットを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

フェレットの寿命について

 

 

フェレットの寿命は6〜8年ほどだと言われています。フェレットは他の小動物に比べて寿命が短いと言われています。

 

フェレットは成長速度が速く4歳になるともうシニアと呼ばれます。成長速度が早くて4歳になると人間でいうと50歳ほどになります。

 

寿命は6〜8年ほどですが、4歳ぐらいから老化が始めり、病気になりやすくなります。なので、フェレットを飼育する場合は病気に気をつけましょう。

 

 

 

フェレットの寿命の最長記録

 

 

フェレットの寿命は6〜8年ぐらいですが、最長記録は15年と言われています。

 

アメリカでは14歳まで生きたフェレットがいます。しっかりと飼育すれば10年ほど生きることもあるので、フェレットを飼育する場合はしっかりと飼育環境を整えて飼育するようにしましょう。

 

 

 

フェレットを長生きさせる方法

 

 

フェレットを飼育する場合特に重要なのが、飼育環境と食事です。簡単にフェレットを長生きさせるために大切なことを紹介します。

 

 

フェレットの餌について

 

 

フェレットに限らず、生き物を飼育する場合は栄養バランスのいい餌を与えるのが大切です。

 

フェレットはペットとして飼育されることも多いので、フェレットフードが販売されています。

 

フェレットフードにはシニア用のフードもあるので、年をとったらシニア用のフードに切り替えるようにしましょう。

 

 

ストレスのない環境で飼育する

 

 

フェレットは神経質な面があり、ストレスを抱えてしまうことがあります。

 

人間と同様にフェレットもストレスがたまると体調を崩してしまったり、病気になってしまうことがあります。

 

飼育を始めたばかりだと、飼育環境に慣れていなく、ストレスを貯めやすくなっています。

 

なので、飼育を始めたばかりの時は、なるべく構ったりせず、環境に慣れさせるようにしましょう。飼育環境に慣れたら毎日1時間ほどケージから出してあげて、外で一緒に遊んであげてください。

 

遊ぶことが好きなので、ケージの外で遊んであげることで、ストレスを発散することができます。

 

 

 

フェレットの病気について

 

 

フェレットは老化によって病気になってしまうことがあります。

 

フェレットは年をとるとすい臓ガンやリンパ腫、インスリノーマなどの病気になりやすいです。病気になっているかどうかは、自分で判断するのは難しいです。

 

また、気づかないうちに病気が進行してしまうことが多いので、フェレットを飼育する場合は半年に1回ぐらいは定期検診をしてもらうようにしましょう。

 

フェレットには人の病気が移ってしまうことがあります。インフルエンザはフェレットにもうつってしまうので、もしインフルエンザになったら、フェレットに近づかないようにしましょう。