フェレットの寿命や気をつけたい病気、長生きさせる方法を紹介!!

2023年1月31日

フェレット

フェレットはペットとして人気の小動物です。とても可愛いので、飼ってみたい人も多いと思います。可愛らしい動物ですが、フェレットは寿命が短いと言われています。今回の記事ではフェレットの寿命や気をつけたい病気について紹介します。

フェレットは見た目が可愛らしく、飼育もしやすいので、ペットとして人気の小動物です。

ペットとしてとても人気が高いですが、フェレットは寿命が短いと言われています。なので、飼育する場合はなるべく長生きしてもらうためにも、しっかりと飼育環境を整えて飼育するようにしましょう。

今回の記事では、フェレットの寿命や気をつけたい病気について紹介するので、フェレットを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

フェレットの寿命について

フェレット

フェレットの寿命は6〜8年ほどだと言われています。フェレットは他の小動物に比べて寿命が短いと言われています。

フェレットは成長速度が速く4歳になるともうシニアと呼ばれます。成長速度が早くて4歳になると人間でいうと50歳ほどになります。

寿命は6〜8年ほどですが、4歳ぐらいから老化が始めり病気になりやすくなります。なので、フェレットを飼育する場合は病気にならない様に注意が必要です。

フェレットの寿命の最長記録

フェレットの寿命は6〜8年ぐらいですが、最長記録は15年と言われています。

アメリカでは14歳まで生きたフェレットがいます。しっかりと飼育すれば10年ほど生きることもあるので、フェレットを飼育する場合はしっかりと飼育環境を整えて飼育するようにしましょう。

フェレットを長生きさせる方法

フェレット

フェレットを飼育する場合特に重要なのが、飼育環境と食事です。簡単にフェレットを長生きさせるために大切なことを紹介します。

フェレットの餌について

created by Rinker
エヌ・シー
¥3,050 (2024/04/19 01:18:34時点 Amazon調べ-詳細)

フェレットに限らず、生き物を飼育する場合は栄養バランスのいい餌を与えるのが大切です。

フェレットはペットとして飼育されることも多いので、フェレットフードが販売されています。

フェレットフードにはシニア用のフードもあるので、年をとったらシニア用のフードに切り替えるようにしましょう。

フェレットを飼育したい人へ!フェレットの特徴と飼育方法を紹介!

ストレスのない環境で飼育する

フェレットは神経質な面があり、ストレスを抱えてしまうことがあります。

人間と同様にフェレットもストレスがたまると体調を崩してしまったり、病気になってしまうことがあります。

飼育を始めたばかりだと、飼育環境に慣れていなく、ストレスを貯めやすくなっています。

なので、飼育を始めたばかりの時は、なるべく構ったりせず、環境に慣れさせるようにしましょう。飼育環境に慣れたら毎日1時間ほどケージから出してあげて、部屋で一緒に遊んであげてください。

遊ぶことが好きなので、ケージの外で遊んであげることで、ストレスを発散することができます。

温度管理をしっかりとする

フェレットは体温調整が苦手なので室温の管理をしっかりと行いましょう。

フェレットは汗腺が発達していないので体温を調整するのが苦手です。寒さにも弱いですが暑さにも弱く室温が30度を超えていると熱中症を起こしてしまうことがあります。

なので、フェレットを飼育する場合はエアコンを使って室温を15〜25度の間で安定させる様にしましょう。

夏場は25度以上にならない様にして、冬場は15度以下にならない様にしてください。

フェレットの病気について

フェレット

フェレットは犬や猫に比べて病気になりやすいと言われています。病気になりやすい動物だということを理解して、日頃から体調の変化がないか様子をみる様にしましょう。

フェレットは老化によって病気になってしまうことがあります。高齢のフェレットを飼育する場合は特に気をつけてください。

それではフェレットの気をつけたい病気について紹介します。

インフルエンザ

フェレットには人の病気が移ってしまうことがあります。インフルエンザはフェレットにも移ってしまうので、もしインフルエンザになったらフェレットに近づかないようにしましょう。

小さなフェレットには負担になってしまうので気をつけてください。

フェラリア症

蚊に刺されることで発症する感染症です。フィラリアが心臓に寄生することで発症する病気で、発症すると食欲がなくなり、呼吸困難や血尿などの症状が出ます。

犬もなる病気ですが、犬に比べてフェレットは体が小さく心臓も小さいので重篤化しやすい病気です。治療することが困難な病気なので予防接種をする必要があります。

ジステンパー

イヌジステンバーは空気感染で感染する病気です。皮膚症状から始まり、次第に高熱を出します。消火器や呼吸器官にも症状が出て、一度感染すると100%死んでしまう病気です。

怖い病気ですがこちらもワクチン接種で予防することができます。

フェレット用のジステンパーワクチンはないので、動物病院で相談して犬用のワクチンを接種することになります。

インスリノーマ

インスリノーマは腎臓の病気で3歳以降のフェレットによく見られる病気です。インスリノーマの初期は寝ている時間が長いだけなので見つけるのが難しいです。

血液検査で診断することができるので、高齢のフェレットを飼育する場合は血液検査を定期的に行う様にしましょう。

副腎疾患

フェレットは小さい時に性線摘出されていることが多いです。性線摘出をされると性線刺激ホルモンがで続けてしまうことが原因で起きると言われている病気です。

オスの場合は前立腺が被害してメスの場合は陰部が晴れて排尿障害が起きる病気です。

かかりつけの動物病院を探しておく

フェレットが高齢になると病気になりやすいので注意が必要です。

早期に発見することができれば治療することができますが気付かないうちに病気が進行していることが多いです。

フェレットは年をとるとすい臓ガンやリンパ腫、インスリノーマなどの病気になりやすく、病気になっているかどうかは、自分で判断するのは難しいです。

また、気づかないうちに病気が進行してしまうことが多いので、フェレットを飼育する場合は半年に1回ぐらいは定期検診をしてもらうようにしましょう。

かかりつけの動物病院があれ安心して治療することができ、フェレットもいつも行っている病院の方が治療のストレスも少なく抑えることができます。

フェレット用のケージの選び方や飼育設備について紹介!!