フェレット用のケージの選び方や飼育設備について紹介!!

2019年12月2日

フェレット

フェレットを飼育する際、ケージ選びは重要です。フェレットは運動量の多い動物ですが、飼育する場合は1日のほとんどをケージで過ごします。なので、フェレットを飼育する際はフェレットの飼育にあったケージを選ぶようにしましょう。今回の記事ではフェレット用のケージの選び方や飼育設備について紹介します。

 

 

フェレットはペットとしても人気が高く、飼ってみたい人も多いと思います。

 

エキゾチックアニマルの中では飼育に関する情報も多く、流通量も多いので、飼いやすいペットですが、飼育する場合はしっかりと飼育環境を揃える必要があります。

 

飼育ケージの他にもトイレや水入れなどフェレットの飼育には様々なものが必要になります。

 

今回の記事ではフェレット用のケージや必要な飼育設備について紹介するので、フェレットを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

フェレット用ケージの選び方について

 

まずはフェレット用のケージを購入するときに失敗しないように、ケージを選びときのポイントについて紹介します。

 

 

広いケージを選ぶ

 

 

フェレットを飼育する際は、トイレや餌入れ、寝床を設置する必要があります。

 

トイレはフェレットの体が入るぐらいのサイズが必要なので、場所をとります。

 

なので、ケージはある程度広くないとフェレットのストレスになってしまうので、トイレや寝床を設置することを考えて広めのケージを用意するようにしましょう。

 

飼育ケージは2階建のものもありますが、掃除が面倒になってしまったり、転落して怪我してしまうこともあります。

 

なので、1階のタイプの飼育ケージがオススメです。

 

 

編みになっていないものがオススメ

 

 

底床が編みになっているタイプの飼育ケージもありますが、フェレットは爪が伸びるのが早く、爪が編みに引っかかって怪我してしまうことがあるので、編みではなくフラットになっているタイプがオススメです。

 

底床にはブランケットなどの布を敷いて飼育すると掃除が楽になるのでオススメです。

 

 

入口が大きい方がオススメ

 

 

飼育ケージの入り口が大きい方が掃除がしやすいので使いやすいです。

 

フェレットのトイレは大きいので、飼育ケージの入り口が小さいとトイレの大仕入れが大変になってしまいます。

 

 

フェレットの飼育にオススメのケージ

 

次はフェレットを飼育するのにオススメのケージを紹介します。

 

 

SANKOワイルドホームフェレット

 

どのケージを使えばいいのかわからない場合はこれを使えば問題ないです。

 

価格も他のケージに比べて安く、3匹まで一緒に飼育することができる広さがあります。

 

人はさ幅が82cm奥行きが51cmあり、フェレット1匹飼育するには十分な広さがあります。価格は12000円ほどです。

 

 

メディカル60

 

 

サークル状のケージです。

 

床面積が広く5頭ほど飼育することができる大型のケージです。フェレットを多頭飼育する方にはオススメです。

 

販売価格は少し高く2万円ほどですが、床面積が広く運動不足にもなりづらいし行くケージです。

 

 

フェレット用のトイレの選び方

 

 

フェレットはケージの角でトイレをする習慣があるので、飼育ケージにはトイレを設置する必要があります。

 

トイレを設置しておくことで、フェレットはトイレの場所を覚えることができます。

 

トイレは高さがあって、壁に囲まれていて、体がすっぽり入るサイズだと安心してフンをすることができます。

 

トイレはいたずらしてひっくり返してしまうこともあるので、固定できるものがオススメです。

 

トイレにはトイレ砂を入れておきましょう。固まるタイプだと誤食してしまったときにお腹に詰まってしまうので、固まるものは使用しないようにしましょう。

 

 

水入れ

 

 

水入れは給水ボトルがオススメです。

 

フェレットは遊ぶのが好きでいたずらすることも多いので、お皿に水を入れておくとひっくり返してしまいます。

 

フェレットは1日に300mlほど水を飲むので、そのぐらい水が入る給水ボトルだと安心して使うことができます。

 

 

寝床

 

 

寝床はハンモックのものや床に直接おくものが販売されています。

 

ハンモックの方がケージ内を広く使うことができるのでオススメですが、高齢になるとハンモックに登るのが大変になってしまいます。

 

なので若いときはハンモックタイプのものを使用して、高齢になったら床置きのものを使用するのがいいと思います。

 

 

敷き布

 

 

ケージをそのまま使用しているとフェレットが足を滑らせてしまうので、布を敷いておく必要があります。

 

布を敷いておくと体の脂分を拭き取ってくれるので、毛艶が良くなります。敷き布は1週間に1度交換して選択するようにしてください。