プレーリードッグの寿命について!平均寿命や長生きさせる方法を紹介!!

2020年2月14日

プレーリードッグ

プレーリードッグはペットとして飼育することができる大型のリスです。ペットとして飼育することができるので、飼ってみたい人も多いと思います。今回の記事ではプレーリードッグの寿命や長生きさせる方法について紹介します。

 

プレーリードッグはペットとしてはあまりメジャーじゃありませんが、ペットとして飼育することができる動物です。

 

見た目が可愛くて飼い主と触れ合うことが好きなので、ペットとして人気があり、飼ってみたい人も多いと思います。

 

ただ、あまりメジャーなペットではないので、寿命や病気などわからないことも多いと思います。

 

今回の記事では、プレーリードッグの寿命や気をつけたい病気について紹介するので、プレーリードッグを飼ってみたい人はぜひ読んでみてください。

 

 

プレーリードッグについて

 

 

プレーリードッグはネズミ目リス科の仲間で、大きく分けるとネズミの仲間になります。

 

ドックという名前がついていますが、犬の仲間ではありません。プレーリードッグは犬のような鳴き声を出して、仲間に危険を知らせる習慣があるので、ネズミの仲間ですが、ドックという名前がついています。

 

プレーリードッグはずんぐりむっくりした体型をしていて可愛らしい見た目をしています。

 

プレーリードッグはコテリーという集団を作って生活をしています。一夫多妻の家族を作り、地中に巣穴を作ります。

 

巣の外に出るときは見張り役が二本足で立って、周囲を見渡して危険がないか見張りをしています。

 

プレーリードッグの値段はどのぐらい?販売価格と飼育費用を紹介!!

 

プレーリードッグの寿命について

 

 

プレーリードッグの寿命は6〜8年ほどです。

 

プレーリードッグは様々な動物に捕食されています。野生下では天敵が多いので、寿命を全うすることできません。

 

野生下では長生きな個体でも3年ほどで障害を終えるそうです。

 

プレーリードッグの平均的な寿命は6〜8年ほどになりますが、しっかりと飼育環境を整えて飼育してあげれば10年ぐらい生きることもあるそうです。

 

 

プレーリードッグを長生きさせる方法

 

 

やっぱり動物を飼育するなら長生きさせてあげたいですよね。簡単に長生きさせる方法を紹介します。

 

 

飼育環境を清潔にする

 

 

他の動物を飼育する場合にも言えることですが、病気を予防するために特に重要なのが飼育ケージの掃除です。

 

飼育環境が汚いと皮膚疾患などの病気になってしまうことがあります。

 

ほとんどのプレーリードッグはトイレを覚えることができないので、こまめに飼育ケージを掃除してケージ内を清潔にしましょう。

 

ほとんどのプレーリードッグはトイレを覚えることができませんが、個体によってはトイレを覚えることができます。

 

ウサギ用のトイレなどにプレーリードッグのフンを入れておくと匂いでトイレを覚えることがあります。

 

他の場所からフンの匂いがすると、そこにトイレをしてしまうので、他の場所でフンをしたらすぐに掃除をして、消臭剤を使って匂いを消しておきましょう。

 

 

栄養バランスのいい餌を与える

 

 

人間と同様に長生きするには食べ物が特に重要です。

 

飼育下では栄養バランスが偏りがちになってしまうので、栄養バランスが悪くならないように注意しましょう。

 

プレーリードッグを飼育する場合は主食として牧草やペレットを与えて飼育します。

 

ペレットや牧草だけだと食物繊維やビタミンなどが不足してしまうので、おやつとして野菜や果物を与えるようにしましょう。

 

ただ、おやつを与えすぎると肥満になってしまうことがあります。なので、果物など糖分が多い餌を与える場合は気をつけてください。

 

おやつの他にもビタミン剤を飲み水に入れて栄養バランスが偏らないようにしましょう。

 

プレーリードッグの餌は何?プレーリードッグの飼育にオススメの餌を紹介!!