フェレットはなつく?フェレットを懐かせる方法やしつけについて紹介!!

2019年12月2日

フェネック

フェレットは足が短く可愛らしい見た目で、ペットにとても人気な動物です。ただ、犬や猫などに比べてメジャーじゃないので、なついてくれるか心配な人も多いと思います。今回の記事ではフェレットを人に慣れさせる方法を紹介します。

 

 

フェレットはイタチ科の小動物で、ペットとして人気があり、流通量も多いので、ペットショップで見かけることも多い動物です。

 

見た目が可愛いので、飼育してみたい人も多いと思います。ただ、飼育しようと思ってもなついてくれるのか心配ですよね。

 

今回の記事では、フェレットはなつくのかと人に慣れさせる方法を紹介するので、フェレットを飼ってみたい方はぜひ読んで見てください。

 

 

 

フェレットは人になつく?

 

 

フェレットはイタチ科の動物で、野生のイタチを家畜化して、ペットとして品種改良をされた動物です。

 

なので、フェレットは野生には生存していません。性格は好奇心旺盛で、自由奔放です。犬のように飼い主を主人として従うことはありませんが、飼い主に慣れれば一緒に遊ぶことを好みます。

 

決してなつきやすい動物ではありませんが、子供の頃にお迎えをして、しっかりと愛情を持って飼育することで飼い主になついてくれるようになります。

 

 

フェレットを飼育するときに必要なしつけ

 

 

フェレットを飼育する場合はしつけをしなければいけません。最低限必要なしつけを紹介します。

 

 

トイレを覚えさせる

 

 

フェレットは決まった場所でトイレをする習性があります。

 

なので、トイレを覚えさせるのは簡単です。まず飼育ケージにトイレを設置して、そこにフェレットのフンをおいておけが、そこがトイレだと覚えてくれます。

 

フンの匂いでトイレの場所を覚えるので、他の場所にフンをした場合は、すぐに掃除をして、消臭剤でフンの匂いを決してください。

 

最初は他の場所にフンをしてしまうことがありますが、間違えたら何度も掃除をして、トイレの場所にフンをおいておくことでトイレの場所を覚えさせることができます。

 

 

噛み癖を治す

 

 

フェレットはなんでも噛んでしまいます。フェレットのベビーは特になんでも噛むので、飼育を始めたらすぐに噛み癖を治す必要があります。

 

フェレットは遊んで欲しいときやおやつが欲しいとき、歯が痒いとき、怖がっているときなど人を噛んでしまうことがあります。

 

噛まれた時は、すぐにダメ!と大きな声で注意してください。フェレットは大きな声がするとびっくりします。

 

大きな声はストレスになるので、フェレットは噛むと大きな声を出されるとわかって噛むのを辞めるようになります。

 

 

名前を覚えさせる

 

 

フェレットと遊ぶときやおやつをあげるときに名前を読んでいると自分の名前を覚えるようになります。

 

名前を呼ばれるといいことがあると覚えると、名前を呼べば寄ってきてくれるようになります。

 

ただ、犬のように従順ではないので、寄ってくるかどうかはフェレットの気分次第になります。

 

 

フェレットを懐かせる方法

 

 

フェレットは臆病な面もあり、飼育を始めたばかりは飼育環境に慣れていなく、ストレスを感じています。

 

このときに無理にスキンシップをしようとすると飼い主に怖いイメージがついてしまうので、飼育を始めたばかりは、飼育環境になれる場でそっとしておいてあげましょう。

 

飼育を始めたばかりの時は餌を与えるときに優しく声をかけるぐらいにしておきましょう。

 

飼育環境に慣れてきたら、おやつをあげるときや遊ぶときに名前を読んであげるとなつきやすくなります。

 

フェレットは猫用のおもちゃなどで遊ぶことができます。フェレットが飼育環境に慣れてきたら、おもちゃを使って遊んであげてください。

 

すぐにはなつくわけではないので、フェレットを飼育する場合は焦らずにゆっくりと飼い主になれさせるようにしましょう。