フェレットを飼育したい人へ!フェレットの特徴と飼育方法を紹介!!

2019年12月2日

フェレット

フェレットはとても可愛らしくてペットとしても人気があります。流通量も多く、飼育に関する情報も多いので、ペットとしても飼育しやすい動物です。今回の記事ではフェレットの特徴と飼育方法を紹介します。

 

 

フェレットはとても可愛いので飼ってみたい人も多いと思います。エキゾチックアニマルの中では飼育しやすい種類ですが、決して飼育が簡単な訳ではありません。

 

人気が高いので流通量も多く、飼育されることも多いですが、その分トラブルも多いです。

 

なので、フェレットを飼育する場合はしっかりと飼いきれるか考えてからお迎えするようにしましょう。

 

今回の記事ではフェレットの特徴や飼育方法について紹介するので、フェレットを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

フェレットについて

 

 

フェレとはイタチ科イタチ属の動物で、イタチの仲間になります。

 

ペットとして販売されているフェレットはヨーロッパケナガイタチやステップケナガイタチをペット用に品種改良されたものです。

 

イタチをペットとして飼育する歴史は古く、紀元前3000年前のエジプトでもネズミを駆除するために飼育されていました。

 

アメリカやヨーロッパでもネズミの駆除用として昔から飼育されています。

 

 

フェレットの寿命について

 

 

フェレットの寿命は7〜10年ほどだと言われています。

 

ただ、飼育下では10年以上生きることもある長生きな動物です。長生きさせてあげたい場合は栄養バランスのいい餌を与えて、毎日しっかり運動をさせてあげるようにしましょう。

 

フェレットは成長するのが早いので、4年ほどで高齢期に入ります。4歳を超えてくると病気にもなりやすいので、動物病院で定期検診をしてもらうようにしましょう。

 

 

フェレットの値段について

 

 

フェレットは流通量も多く、ペットショップで見かけることも多いです。

 

値段はポピュラーな種類で2万円ほど、少し高いものだと5万円ほどで販売されていることが多いです。

 

ファレットは種類が多く、ファームによっても値段が変わってきます。毛の長いアンゴラフェレットは値段が高く10万円ほどで販売されています。

 

 

フェレットは懐きやすい?

 

 

フェレットは人に懐きにくいと言われることもありますが、しっかりと時間をかけて、飼育をすれば飼い主に懐いてくれます。

 

犬のように人に懐くことはありませんが、猫のように遊びたいときによってきたり、スキンシップを楽しむことができます。

 

日頃から餌をあげるときに声をかけたり、ケージから出して遊ぶときに声をかけていると飼い主に慣れてくれます。

 

遊ぶことが好きな動物なので、一緒に遊んであげると懐きやすいです。フェレットは1日に1時間ほどケージから出して遊ばせないとストレスになってしまうので、毎日しっかり時間を作ってあげるようにしましょう。

 

 

フェレットの飼育に必要なもの

 

 

フェレットを飼育する場合はいくつか必要なものがあるので、お迎えをする前にちゃんと用意しておきましょう。

 

 

飼育ケージ

 

 

ファレットを飼育する場合は飼育ケージが必要です。

 

フェレット用のケージが販売されているので、そう言ったものを使用するのがいいと思います。

 

フェレットは運動量が多いのでケージは広めのものにして、ストレスが溜まらないようにしましょう。

 

 

トイレ

 

 

フェレットはケージの隅でトイレをします。飼育環境に慣れてくるとトイレを覚えてくれるので、ケージ内にはトイレを設置しておきましょう。

 

 

寝床

 

 

寝床はハンモックタイプや平置きのタイプがあります。どちらでもいいので用意しておきましょう。

 

ファレットは寝ている時間も多いので、寝床は必須です。

 

寝床はフェレット用のものが販売されていたり、飼育ケージとセットになって販売されているので、そういったものを選ぶようにしましょう。

 

 

フェレットの餌について

 

 

フェレットは肉食の動物です。

 

以前はフェレット用のフードが販売されていなかったので、キャットフードで代用したり、ササミなどで代用したりしていました。

 

ただ、今はフェレット用のフードがあるので、それをメインに与えるのがいいと思います。