ペットに人気!シロフクロウの特徴や飼育方法について紹介!!

2020年2月14日

シロフクロウ

シロフクロウはハリーポッターシリーズにも出て来て、ペットとしてとても人気のあるフクロウです。見た目もとても綺麗で飼ってみたい人も多いと思います。今回の記事ではシロフクロウの特徴や飼育する際の注意点を紹介します。

 

 

ハリーポッターの映画の影響もあり、ペットとしてとても人気になったのがシロフクロウです。

 

真っ白い体をしているとても綺麗なフクロウです。フクロウの中でも特に綺麗でかっこいいので、飼ってみたい人も多いと思います。

 

ただ、シロフクロウを飼育するには注意が必要です。

 

今回の記事ではシロフクロウの特徴や飼育する際の注意点を紹介するので、シロフクロウを飼ってみたい人はぜひ読んでみてください。

 

 

フクロウの値段はどのぐらい?種類別の値段や飼育費用について紹介!!

 

シロフクロウについて

 

 

シロフクロウは名前の通り白いフクロウです。北極圏のツンドラ地帯に生息しているフクロウです。

 

渡り鳥なので、春から夏ごろは北極圏に移動して繁殖を行い、それ以外は北アメリカなどで生活をしています。フクロウの中でも大型の種類で、体長は60cm程度、羽を広げると150cm程度まで大きくなります。

 

フクロウは夜行性の種類が多いですが、シロフクロウはその中でも珍しく、日中に活動する種類です。オスとメスでは模様が違い、オスは真っ白い体をしているのに対して、メスはは黒い模様が入っています。

 

 

 

シロフクロウの性格について

 

 

シロフクロウはフクロウの中でも気性が荒いです。

 

なので人気は高いですが人に懐かせるのが難しく飼育が難しいです。

 

成体になっていると人に懐くのは難しいので、シロフクロウを飼育する場合は幼体から飼育するのがいいと思います。

 

幼体から飼育することで、人に慣れやすいです。

 

 

 

シロフクロウの寿命について

 

 

シロフクロウの寿命は大体20〜25年ほどだと言われています。

 

飼育環境によって寿命は変わってくるので、飼育する際はストレスの少ない環境で飼育するようにしましょう。

 

うまく飼育すれば30年ほど生きることもあります。

 

 

 

シロフクロウの値段について

 

 

シロフクロウは30万円ほどで販売されていることが多いです。

 

エキゾチックアニマルの中では特別高いわけではないですが、飼育にはお金がかかるので、シロフクロウをお迎えするのはハードルが高いです。

 

シロフクロウは流通量が少ないです。

 

探してもなかなか見つからないので、猛禽類専門店をいくつか回ってみるか、店員さんに探してもらうのがいいと思います。

 

 

 

シロフクロウを飼育する際の注意点

 

シロフクロウは気性が荒いので、飼育は大変ですが、それ以外にも飼育する際は気をつけないといけないことがあります。

 

簡単にシロフクロウを飼育する際の注意点を紹介します。

 

 

 

動物病院を探しておく

 

 

シロフクロウを飼育する場合はあらかじめ猛禽類を診察してくれる動物病院を探しておきましょう。

 

猛禽類を診察してくれる病院は少ないです。

 

なので、あらかじめ調べておかないと病気になった時などスムーズに診察してもらうことができません。

 

自分でフクロウを飼育するための知識を身につけておく必要がありますが、ちゃんと飼育方法をアドバイスしてくれる人がいないと飼育が難しいです。

 

なので、フクロウに対してしっかりとした知識を持っている獣医さんに定期検診などで飼育のアドバイスをもらうようにしましょう。

 

 

飼育スペースを広くとる

 

 

シロフクロウは大型のフクロウです。

 

なので、飼育する際は広い飼育スペースが必要になります。

 

フクロウはケージを使って飼育することができますが、シロフクロウは体長が大きいので、係留飼育がいいと思います。

 

ケージだと羽を伸ばした時羽がケージにぶつかって怪我をしてしまうことがあります。なので、フクロウが怪我をしないように係留飼育がいいと思います。

 

たまに放鳥する必要もあるので、放鳥する際は怪我をしないように安全な空間でするようにしましょう。

 

フクロウにはどんな種類がいる?ペットに人気のフクロウの種類について紹介!!

 

猛禽類

Posted by petshiiku