フクロウの値段はどのぐらい?種類別の値段や飼育費用について紹介!!

2020年2月14日

フクロウは近年ペットとして人気の動物です。とても人気のペットなので、飼ってみたい人も多いと思います。ただ、フクロウを飼ってみたいと思ってもわからないことも多いですよね。今回の記事ではフクロウの値段や飼育費用について紹介します。

 

 

フクロウは見た目も可愛らしいので、ペットとして人気があります。フクロウは猛禽類なので、飼育は難しいですが飼ってみたい人も多いと思います。

 

飼ってみたいと思ったら、飼育するのにどのぐらいお金がかかるのか気になりますよね。

 

今回の記事では、フクロウの値段と飼育費用について紹介するので、フクロウを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

フクロウの値段について

 

 

フクロウの値段は種類によって違いますが、安いものであれば15万円ほど、高いものだと100万円ほどで販売されています。

 

フクロウは種類によって飼育のしやすさも違います。

 

初めてフクロウを飼育する場合はなるべく飼育が簡単な種類を選ぶのがいいと思います。

 

それではフクロウの種類別に販売価格を紹介します。

 

 

 

コキンメフクロウ

 

 

コキンメフクロウはフクロウの中では比較的値段の安い種類で、販売価格はだいたい15〜30万円ほどです。

 

フクロウの中でも小型の種類で飼育も簡単なので初心者でも飼いやすい入門種として人気があります。

コキンメフクロウの特徴と飼育方法について紹介!!

 

アカスズメフクロウ

 

 

アカスズメフクロウはスズメという名前の通りとても小さいフクロウです。

 

コキンメフクロウよりも体長が小さく、大人になっても16cmほどまでしか成長しません。体長は小さいですが、警戒心が強く人に慣れづらいので飼育は比較的難しい種類です。

 

販売価格はコキンメフクロウより高く20〜40万円ほどになっています。

 

 

 

ヨーロッパコノハズク

 

 

ヨーロッパコノハズクはフクロウの中でも飼育がしやすくペットとして人気のある種類です。

 

販売価格はフクロウの中でも安く、15〜25万円ほどで購入することができます。小型で飼育が簡単で、販売価格もフクロウの中では安くペットとして人気の高い種類です。

 

フクロウの中では人になつきやすい種類なので、初めてフクロウを飼育する人はヨーロッパコノハズクかコキンメフクロウがオススメです。

 

 

スピックスコノハズク

 

 

スピックスコノハズクも入門種として人気の高いフクロウです。

 

体長は大人で24cmほどなので、小型のフクロウの中では少し大きめです。

 

販売価格は20〜30万円前後のことが多いです。性格が温厚で人にも慣れやすいので飼育しやすい種類で人気があります。

 

気性の激しい種類のフクロウは複数飼育していると喧嘩してしまうことがあります。スピックスコノハズクは性格が温厚なので複数飼育しても喧嘩することはほとんどありません。

 

 

アフリカオオコノハズク

 

 

コノハズクの中では体長の大きい種類ですが、フクロウの中では小型の種類になります。

 

天敵に見つかったとき体を細めて枝に擬態することでも知られているフクロウです。

 

名前の通りアフリカ大陸に生息しているフクロウです。アフリカオオコノハズクは警戒心が強くストレスに弱いです。

 

飼育は他のフクロウに比べて難しいですが、見た目も美しく小さい頃から飼育すると人にも慣れやすいので人気があります。

 

値段は少し安くて20〜30万円ほどで販売されています。

 

 

メンフクロウ

 

 

 

お面をかぶったような見た目をしているフクロウです。

フクロウの中では飼育が簡単で繁殖もしやすい種類なので、人気が高く、販売価格も安いです。

 

販売価格は10〜15万円前後のことが多いです。

メンフクロウは飼育しやすい?の特徴や飼育方法について紹介!!

 

シロフクロウ

 

 

オスは全身が真っ白になり、メスには黒い模様が入ります。ハリーポッターにも出てくるフクロウで、ペットとしても人気があります。

 

人気は高いですが熱いのが苦手で起床も荒いので、フクロウの中でも飼育は難しいです。販売価格は他のフクロウよりも高く30〜60円前後このことが多いです。

 

ペットに人気!シロフクロウの特徴や飼育方法について紹介!!

 

フクロウの飼育費用について

 

 

次はフクロウを飼育するために必要な飼育設備とその費用について紹介します。

 

 

止まり木

 

 

フクロウを飼育する場合は係留飼育で飼育することが多いです。

 

ケージを使用して飼育することもできますが、羽を広げたときに羽を傷つけてしまうことがあるので、注意してください。

 

止まり木はショップに行けば1〜2万円ぐらいで販売されています。自作することもできるので、高いなって思う場合は自分で作るのもいいと思います。

 

 

アンクレット

 

 

アンクレットは足に取り付ける革製のベルトです。

 

アンクレットは足に取り付けて止まり木とフクロウをつなげます。アンクレットは長期間つなげていると皮膚と癒着してしまいます。

 

なので、アンクレットは1年に1回は交換する必要があります。アンクレットは3000円ほどで販売されています。

 

 

ジェス

 

 

ジェスはアンクレットに取り付けるもので、手綱のようなものです。

 

ジェスには革製のものやナイロン製のものがあります。値段は革製のものだと2000円ほど、ナイロン製だと1500円ほどになります。

 

 

リーシュ

 

 

リーシュはジェスにつなげる長いロープです。

 

リーシュは登山用のロープを使用して自作することができます。自分で作れば100円ほどなので、自作するのがオススメです。

 

ショップでは2000円ほどで販売されています。

 

 

ペットシーツ

 

フクロウはトイレの場所を覚えることができないので、止まり木の下にペットシートを設置しておきましょう。

 

 

ファルコングローブ

 

 

フクロウは力が強いので、手に載せる場合はファルコングローブが必要になります。

 

小型のフクロウであれば、革製の手袋を使用することができますが、大きなフクロウだと力も強いので、ファルコングローブを用意しましょう。

 

ファルコングローブにはフクロウとグローブをつなぐためのリングがついているので、ロストの心配もなくオススメです。

 

ファルコングローブは結構高くて2万円ぐらいで販売されています。

 

 

キャリーバック

 

 

フクロウを飼育していると、動物病院やショップに連れていかなければ行けないことも多いです。

 

安全に移動することができるようにキャリーバックを用意しておく必要があります。キャリーバックは小型犬用のものを使用することができます。

 

値段は大体5000円前後になります。

 

 

フクロウの餌代について

 

 

飼育するフクロウの大きさにもよりますが、小型のものでは5000円ほど、大きな種類だと1万円ほどの餌代がかかります。

 

餌はヒヨコの方が安いので、なるべく餌代を安くしたい場合はヒヨコをメインに与えるのがいいと思います。

 

フクロウの餌は何がいい?フクロウの餌の種類と下処理の方法を紹介!!

猛禽類

Posted by petshiiku