アメリカチョウゲンボウの特徴と飼育方法について紹介!!

2020年2月14日

アメリカチョウケンボウ

アメリカチョウゲンボウは体長が小さく、飼育がしやすいくて人気の猛禽類です。見た目もとても可愛らしいので、飼ってみたい人も多いと思います。今回の記事ではアメリカチョウゲンボウの特徴と飼育方法について紹介します。

 

 

アメリカチョウゲンボウはつぶらな瞳をしていてとても可愛らしい鳥です。飼育もしやすくで人にも慣れやすいので、猛禽類の中でもペットとして人気が高いです。

 

販売価格も他の猛禽類に比べて安いので、初めて猛禽類を飼育してみようと思う人にオススメのペットです。

 

今回の記事ではアメリカチョウゲンボウの特徴と飼育方法について紹介するので、アメリカチョウゲンボウを飼ってみたい人はぜひ読んでみてください。

 

 

アメリカチョウゲンボウの特徴

 

 

アメリカチョウゲンボウはとても可愛らしい見た目をしていますが、猛禽類でハヤブサの仲間になります。

 

見た目は大きなスズメって感じですが、よくみると鋭い爪がついた足をしていたり、ハヤブサっぽい部分もあります。猛禽類の中でもずば抜けて可愛いので、飼ってみない人も多いと思います。

 

体長は大人になっても30cm程度までしか成長しないので、とても小型の猛禽類です。

 

チョウケンボウは日本にも生息していますが、日本に生息しているチョウケンボウは天然記念物に指定されていて、鳥類保護場で守られているので飼育することができません。

 

アメリカチョウゲンボウは名前の通りアメリカに生息しています。アメリカチョウゲンボウは赤褐色に黒い模様がとても綺麗です。

 

ハヤブサはダイナミックに飛んで餌を捕獲する姿が有名ですが、アメリカチョウケンボウの狩りの仕方は少し違います。

 

アメリカチョウケンボウはホバリングをすることができるので、空中で停止して獲物に狙いをつけて、小動物を捕獲します。

 

ホバリングすることができるので、室内でも上手に飛ぶことができ、室内で遊ばせやすい種類です。

 

 

 

アメリカチョウゲンボウの飼育方法について

 

 

アメリカチョウゲンボウはペットとして人気があり、日本でもブリーディングされているので、ペットとして購入することができます。

 

体長小さくてホバリングすることもできるので、室内でも上手にに飛ぶことができます。

 

室内で上手に飛ぶことができるので、飼い主に慣れてきたら室内で放鳥して一緒に遊ぶことができます。

 

飼育する際はファルコンブロックを用意してください。鳥かごので飼育をすると鳥かごの中で飛んでしまう羽を傷つけてしまうことがあるので注意してください。

 

猛禽類なので餌はウズラやヒヨコ、ピンクマウスなどを与える必要があります。

 

一つの餌だけを与えていると餌に飽きてしまったり、栄養バランスが偏ってしまうので、これらの餌をローテーションして与えるようにしましょう。

 

餌は一口で食べれるようにカットしてから与えるようにしてください。自分でカットするのが嫌な場合はカット済みの餌も販売されているので、そういったものを購入するのがいいと思います。

 

他には水浴びができるように水場を作ってあげてください。水場は体がすっぽり入るぐらいのサイズで、水は足が浸かるぐらいまで貼っておきましょう。

 

 

 

飼育する際は獣医さんを調べておこう

 

 

猛禽類を飼育する場合はあらかじめ猛禽類を見てくれる獣医さんを探しておきましょう。

 

アメリカチョウゲンボウを飼育しているとケガをしてしまったり病気になってしまうことがあります。病気やケガをしてしまった時に慌てないようにあらかじめ調べておきましょう。

猛禽類は病気になっているのかどうかが分かりづらいです。

なので、飼育する際は猛禽類を診察してくれる獣医さんを調べておいて、定期検診をしてもらうようにするのがいいと思います。

 

また、猛禽類は飼育が難しいです。なので、猛禽類を飼育する際は猛禽類に対する知識をしっかりと身につけておく必要があります。

 

ただ、自分だけではわからないことも多いと思うので、しっかりとアドバイスをしてくれる獣医さんがいると安心してアメリカチョウゲンボウを飼育することができます。

 

 

アメリカチョウゲンボウの販売価格について

 

 

アメリカチョウゲンボウは猛禽類の中では値段が安く15万円ほどで購入することができます。

 

ペットショップで販売していることが少ないので、アメリカチョウゲンボウを購入する場合はブリーダーから直接購入するのがいいと思います。

アメリカチョウゲンボウはペットとして飼育されることも多く、ブリーディングも行われています。

なので、猛禽類の中では比較的流通量が多く、ペットとして購入しやすい種類です。猛禽類の中でも値段が安く体長も小さく飼育しやすいので、初めて猛禽類を飼育するならアメリカチョウゲンボウがオススメです。

 

チゴハヤブサを飼育してみたい人へ!チゴハヤブサの特徴と飼育方法を紹介!!

猛禽類

Posted by petshiiku