メンフクロウは飼育しやすい?の特徴や飼育方法について紹介!!

2020年2月14日

顔が真っ白でお面をかぶっているような見た目をしているフクロウです。ペットとしても人気の高い種類で、飼ってみたい人も多いと思います。今回の記事では、メンフクロウの特徴や飼育方法について紹介します。

 

 

メンフクロウはフクロウの中でもカコイイ見た目をしていて、ハリーポッターに出来きたことによりペットとして人気になったフクロウです。

 

中型のフクロウで存在感もあり、飼育も他のフクロウに比べて難しいわけではありません。

 

今回の記事ではメンフクロウの特徴や飼育方法について紹介するので、メンフクロウを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

フクロウの値段はどのぐらい?種類別の値段や飼育費用について紹介!!

 

メンフクロウについて

 

 

 

メンフクロウはフクロウ目メンフクロウ科に分類されているフクロウです。

 

体長は40cmほどで、フクロウの中では中型の種類になります。アメリカやヨーロッパ、東南アジアやオーストラリアに広く生息しているフクロウで、お面をしているような真っ白い顔が特徴的です。

 

メンフクロウの顔は顔盤と呼ばれていて、この顔のおかげで小さな音を聞き取ることができると言われています。

 

完全な夜行性で獲物を捕食する際は視覚によって探すのではなく、発達した聴覚で獲物を探しています。とても聴覚が優れているので、雪の中を走る小動物も見つけることができます。

 

 

 

メンフクロウの性格について

 

 

メンフクロウは人の家や納屋などに巣を作ることでも知られていて、あまり人を恐れない性格をしています。

 

フクロウはネズミを食べてくれるので、昔から人間にも親しまれていた動物です。ヨーロッパの農家ではメンフクロウに巣を作ってもらうために巣箱が設置されていることが多いです。

 

人を恐れることは少ないですが、メンフクロウは人に慣れずらくストレスにも弱いので、飼育する際は注意が必要です。

 

メンフクロウを飼育する際は人に慣れている個体を購入するようにしましょう。また、ストレスに弱いので、なるべく静かで落ちついた環境で飼育するようにしましょう。

 

完全な夜行性なので、昼間うるさいとストレスになってしまうので気をつけてください。

 

 

 

メンフクロウの販売価格について

 

 

メンフクロウは中型のフクロウの中でも繁殖数が多く、値段も比較的安いです。

 

ショップによってばらつきがありますが、15〜40万円ほどで購入することができます。20万円ほど用意すれば購入することができると思います。

 

 

メンフクロウの寿命について

 

メンフクロウの寿命は15〜20年ほどです。長生きな動物なので、最後までしっかりと飼育することができるか考えてからお迎えするようにしましょう。

 

メンフクロウはフクロウの中でも鳴き声が大きいので、飼育する際はその点にも注意しましょう。

 

 

メンフクロウの飼育に必要なもの

 

メンフクロウは中型のフクロウなので飼育する際は大きめの飼育ケージが必要になります。

 

小さい飼育ケージだと羽を広げたときにぶつかってしまい傷つけてしまうことがあるので、注意してください。ケージで飼育すると人との接触が減り懐きづらくなるので、係留飼育がいいと思います。

 

止まり木はフクロウの足のサイズにあったもので、まっすぐなものより自然な形をしているものがオススメです。昼間明るくてメンフクロウが落ち着くことができない場合は、落ち着けるように囲いを作ってあげるようにしましょう。

 

ケージや止まり木の下には新聞紙やペットシーツを敷いておくと掃除がしやすくなるのでオススメです。

 

 

 

メンフクロウの餌について

 

メンフクロウは他のフクロウ同様にマウスやヒヨコ、ウズラなどを与えて飼育します。

 

冷凍のヒヨコやウズラを自分で捌いて与える必要があります。処理済みのものも販売されていますが、売り切れてしまうこともあるので、自分で捌けるようにする必要があります。

 

なので、飼育する際は餌を用意することができるかもちゃんと考えてからお迎えするようにしましょう。

 

ペットに人気!シロフクロウの特徴や飼育方法について紹介!!

 

猛禽類

Posted by petshiiku