プレーリードッグの飼育方法について!プレーリードッグの特徴や飼育方法を紹介!

2020年2月14日

プレーリードッグ

プレーリードッグは動物園などで触れ合うこともできる動物ですが、ペットとして飼育することができます。今回の記事ではプレーリードッグの特徴や飼育方法について紹介します。

 

 

プレーリードッグはあまり知られていませんがペットとして飼育することができる動物です。

 

群れを作って生きているので、社会性があり仲間思いなので、慣れてくれば飼い主を仲間だと思いいい関係を築くことができます。

 

今回の記事では、プレーリードッグの特徴や飼育方法について紹介するので、プレーリードッグを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

プレーリードッグについて

 

 

プレーリードッグはドックという名前がついていますが、実はネズミ目リス科に属しています。

 

北米に生息している動物で、主に草原地帯などに穴を掘って巣を作り、その中で生活をしています。

 

草原地帯に生息していて、巣穴の近くで立って見張りをして、天敵など危険を感じる犬のような鳴き声をだし、仲間に危険を知らせます。

 

巣穴はとても広く長さは30m以上あると言われていて、地中ではトンネルが縦横無尽に広がっています。

 

野生下ではプレーリードッグは一夫多妻制で生活をしています。1匹のオスに対して数匹のメスとその子供が集まって群れを作っています。

 

プレーリードッグの値段はどのぐらい?販売価格と飼育費用を紹介!!

 

プレーリードッグの特徴

 

 

プレーリードッグは他の動物にはない可愛らしくユニークな見た目をしています。

 

プレーリードッグは体調は30cmほど、尻尾を入れて40cmほどまでしか成長しない小型の動物です。

 

プレーリードッグは群れで生活をしているので、仲間同士でコミュニケーションをとります。お互いに挨拶をしたり、餌を分け与えたり、毛づくろいをし合うことが知られています。

 

とても優しい性格をしているので、飼育下でも人に慣れやすく、慣れるとスキンシップを楽しむことができます。

 

ただ、飼育を始めたばかりは環境の変化などで、臆病になっています。なので、徐々に飼い主になれさせて少しずつスキンシップを取るようにしましょう。

 

また、集団で生活をしているので、一人でいるとストレスをためてしまいます。なので、飼い主になれて近づいて来る場合はなるべく構ってあげてください。

 

遊ぶのも好きで撫でられるのも好きなので、1日に数時間はケージから出して撫でたり遊んであげる必要があります。

 

プレーリードッグの寿命について!平均寿命や長生きさせる方法を紹介!!

 

プレーリードッグの飼育に必要なもの

 

 

プレーリードッグを飼育する場合は他のペット同様にケージが必要になります。

 

プレーリードッグは穴を掘る習性があり、ものをかじる習性があるので、部屋で放し飼いをすると家具などがめちゃくちゃになってしまいます。

 

なので、飼育する場合はケージが必要になります。プレーリードッグは運動量も多いので、ケージは大型のウサギ用の大きなものを選ぶのがいいでしょう。

 

あとはペットシートや牧草、隠れ家、水入れ、餌入れ、回し車などのハムスターを飼育するとき同様の道具で飼育することができます。

 

ただ、プレーリードッグは体長が大きいので、回し車は大きなものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

飼育するときの室温について

 

 

プレーリードッグは地中で生活をしています。地中は寒い時期でも15度ほどなので、飼育する場合は冬場でも15度を下回らないように注意してください。

 

15度を下回るとプレーリードッグは仮死状態になってしまい、そのまま死んでしまうこともあります。

 

飼育する場合はエアコンや小型動物用のヒーターを設置してください。ヒーターを設置するとコードをかじってしまうことがあるので、噛まれないようにしっかりとカバーをしておきましょう。

 

また、暑すぎても体調を崩してしまいます。夏場など30度を上回ってしまうと体調を崩してしまうことがあるので、エアコンなどを使って20〜28度ぐらいになるようにしてください。

 

プレーリードッグは体調に当たるのが好きなので、飼育する場合は毎日10分ほどケージから出して日光浴をさせてください。

 

 

プレーリードッグの餌について

 

 

プレーリードッグは草食の動物です。プレーリードッグ用のフードも販売されているので、それを与えて飼育することができます。

 

他には牧草や生野菜、果物を食べます。ただ、野菜や果物だけでは栄養バランスが悪いので、メインとしてプレーリードッグ用のフードや牧草を与えて、野菜や果物はおやつとして与えてください。

 

プレーリードッグの餌は何?プレーリードッグの飼育にオススメの餌を紹介!!