チンチラを飼おう!チンチラの飼育方法や特徴、注意点を紹介!!

2020年2月14日

チンチラ

チンチラはふさふさの毛が美しく、近年人気にペットです。人気も高いので、ペットショップで見かけることも多くなってきました。今回の記事では、そんなチンチラの特徴や飼育方法について紹介します。

 

 

チンチラは見た目が可愛らしいので、女性に人気のペットです。もふもふしていて、ふさふさの毛が特徴的で、最近ではテレビやSNSなどでも紹介されることが増えています。

 

見た目が可愛いので、飼ってみたい人も多いと思いますが、珍しいペットなので、飼い方などわからないことも多いと思います。

 

今回の記事では、チンチラの特徴や飼育方法について紹介するので、チンチラを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

チンチラの特徴

 

 

チンチラはペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチンなどに生息している動物です。

 

チンチラはアンデス山脈の岩場に生息していて、苔をや草などを食べる草食性の動物です。げっ歯類なのでネズミの仲間で、ネズミと同様に歯は一生伸びつずけます。

 

体長は他のネズミに比べて少し大きくて、しっぽまで含めれば40cmほどまで成長します。

 

性格は臆病ですが集団で生活している動物なので、人にも慣れやすく頭もいいので、飼い主の顔を覚えることができます。

 

性格は臆病なので、少しずつスキンシップを増やして仲良くするようにしましょう。

 

チンチラは人になつくの?チンチラの特徴やなつかせる方法を紹介!!

 

チンチラを飼育するときの注意点

 

 

チンチラの飼育方法を紹介する前に、まずは飼育する際の注意点を紹介します。

 

 

遊ぶスペースを確保する

 

 

チンチラはハムスターなどのようにずっとケージの中で飼育することはできません。

 

チンチラを飼育する場合は1日に1〜2時間ほどケージから出して遊ばせてあげる必要があります。

 

ケージから出して部屋に放して遊ばせると壁をかじってしまったり、家具をかじってしまうことがあります。

 

なので、ペット不可の物件だとトラブルになることもあるので、飼育する場合は注意してください。

 

部屋に放すのができない場合は大型犬用のケージなどを出してその中で遊ばせるのがいいと思います。

 

 

 

温度と湿度に注意

 

 

チンチラはとてもデリケートな動物で、温度が高すぎたり低すぎたりすると体調を崩してしまいます。

 

チンチラの適温は20度前後、湿度は40%以下が理想です。夏場など気温が高い時はエアコンを使って室温を23度前後にする必要があります。

 

また、湿度が高すぎるのも良くないので、梅雨の時期などはエアコンを使ったり除湿機を使って湿度を下げるようにしましょう。

 

チンチラを飼育する場合は梅雨や夏は1日中エアコンをつけっぱなしにしなければいけないので、電気代が気になる場合は違うペットを飼育するのがいいと思います。

 

 

 

生活リズムはチンチラに合わせる

 

 

チンチラは夜行性の動物です。なので、夜なのに電気がついていたり、昼なのにカーテンがしまっていて暗くなっているとチンチラの生活リズムが崩れてしまいます。

 

また、チンチラは音にも敏感で、うるさい場所だとゆっくり眠ることができずにストレスになってしまうので、チンチラのケージはなるべく静かな場所に設置しましょう。

 

また、チンチラを飼育する場合、ケージの中には回し車を設置する必要があります。チンチラは体も大きいので、回し車を回す音は結構うるさいです。

 

寝る部屋にケージを置いていると音がして寝れないこともあるので、ケージは寝室から離れた場所に設置するのがいいと思います。

 

チンチラの値段はどのぐらい?チンチラの値段と種類について紹介!!

 

チンチラの飼育に必要なもの

 

 

それではチンチラの飼育に必要なものを紹介します。

 

 

ケージ

 

 

チンチラは体長が40cmほどまで成長するので、ケージは大きめのもので、ちゃんと動き回れるものを用意しましょう。

 

また、チンチラはジャンプ力が強いので、横長のケージだと運動不足になってしまいます。なので、チンチラ用のケージは大きくて高さのあるものを選ぶようにしましょう。

 

 

砂場

 

 

チンチラは砂の上で転がって毛を綺麗にします。

 

体毛をふわふわにしておくには砂浴びが欠かせないので、砂場を作ってあげてください。

 

砂場の砂は汚れてしまうので、なるべくこまめに交換しておきましょう。砂はチンチラ用のものが販売しているのでそれがオススメです。

 

 

回し車

 

 

運動不足やストレスを解消するために回し車が必要です。ハムスター用のものでは小さいので、チンチラが入れるぐらいの大きなものを用意しましょう。

 

 

巣箱

 

 

チンチラは狭くて暗い場所が好きなので、巣箱を用意して落ち着ける場所を作ってあげてください。

 

巣箱は中で動けるぐらいの大きさのものを用意しておきましょう。

 

 

ステップ

 

 

ケージに取り付ける足場です。

 

チンチラは上下に飛び回って立体的に移動するので、ステップがあった方が遊ぶことができてストレスを解消することができます。

 

高いところまでステップをつけると落ちて怪我をしてしまうことがあるので、注意してください。

 

 

 

齧り木

 

 

チンチラは他のげっ歯類と同様に歯が一生伸びるので、硬いものを噛んで歯を削る必要があります。

 

チンチラなどのげっ歯類用の齧り木が販売されているので、そういったものを与えは方が安全です。

 

プラスチックのものや市販じゃないものは誤って食べてしまったり、木が裂けて口を切ってしまうこともあるので注意してください。

 

 

チンチラの餌について

 

 

チンチラを飼育する場合はチンチラ用のフードと牧草をバランス良く与えるのがいいと思います。

 

牧草をケージに敷くとフンがついてしまい、フンを一緒に食べてしまうことがあるので、牧草は餌として与えるようにしてください。

 

チンチラの値段はどのぐらい?チンチラの値段と種類について紹介!!