シマリスの飼育方法について!シマリスの飼育方法や注意点を紹介!!

2020年2月14日

シマリス

リスは見た目も可愛いいので、飼ってみたい人も多いと思います。リスの中でもペットとして人気なのがシマリスです。今回の記事ではシマリスの飼育方法について紹介します。

 

 

シマリスはとても可愛らしい動物です。人気も高く、動物園でも着かけることが多く、ペットとして飼育することもできます。

 

体長も小さく、簡単に飼育することができるので、一人暮らしの人にもオススメのペットです。

 

今回の記事ではシマリスの飼育方法について紹介するので、シマリスを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

シマリスについて

 

 

シマリスはアメリカやロシアなどに生息している動物です。

 

一言にシマリスといっても生息している地域によって名前が違います。ちなみに日本にはエゾシマリスというシマリスが生息しています。

 

シマリスの背中には特徴的な縦縞の模様が入っていて、これが名前の由来になっています。

 

体長は20〜30cmほどですが、体長の半分は尻尾になるので、とても小さくて可可愛らしい動物です。

 

シマリスの寿命は野生下の場合は5年ほどだと言われていますが、飼育下では天敵がいなく、寿命を全うすることができるので、もう少し長く8年ほど行きます。

 

ストレスを少なくすることで、もっと長生きさせることができるので、飼育する場合はなるべくストレスのない環境で飼育してあげてください。

 

 

 

シマリスの性格について

 

 

シマリスか食物連鎖の下の方にいる動物なので、臆病な性格をしていますが、その一方好奇心も旺盛なので、人に慣れればスキンシップを楽しむことができます。

 

性格は個体によって全然違うので、飼育する場合は性格に合わせて飼育するようにしましょう。

 

好奇心が旺盛なシマリスはものをいじったりかじったりして壊してしまうことがあります。

 

電気のコードをかじってしまうこともあるので、危険なものは隠してかじられないようにしましょう。

 

 

 

シマリスの値段について

 

 

シマリスは5000〜1万円ほどで販売されていることが多いです。

 

種類によって値段は違い、体毛の白いホワイトシマリスは5万円ほどで販売されていることがあります。

 

シマリスは通販で購入することもできますが、輸送中に体調を崩してしまうこともあるので、購入するときはペットショップなどを回って探すのがいいと思います。

 

 

 

シマリスの飼育に必要なもの

 

 

シマリスを飼育するときにまず用意しなければいけないものを紹介します。

 

 

飼育ケージ

 

 

リス用の飼育ケージが販売されているので、そういったものを使用してください。

 

シマリスは立体的に移動するので、ケージはリス用の高さがあるものが必要です。奥行きと幅は50cmぐらいあるものがオススメです。

 

 

床材

 

 

シマリスは自分の巣に床材を集める習性があるので、床材はペットシートなどではなく、木くずや草などのものを選んでください。

 

また、新聞紙を細かく裂いて使用することもできます。なるべくお金をかけたくない場合は新聞紙を裂いて使用するのがいいと思います。

 

 

隠れ家

 

 

リスが安心できるように隠れ家を設置してください。

 

隠れ家は様々なものが販売されています。プラスチック製のものも販売されていますが、かじってしまって壊したり、誤って食べてしまうこともあるので、注意してください。

 

ワラで作られた隠れ家も販売されているので、そういったものを使用するのがいいと思います。

 

 

 

回し車

 

 

シマリスも回し車に入って一生懸命走り回ります。

 

ハムスター用のものだと少し小さいので、シマリスを飼育するときは少し大きめのものを用意しましょう。

 

 

 

餌入れ

 

 

どんなものでも大丈夫です。また、ケージによってはケージについていることがあります。

 

餌を入れるだけなので、小さいお皿のようなものを用意するのがいいと思います。

 

 

 

給水機

 

給水機は300円ほどで販売されています。毎日綺麗な水を入れてください。この時天然水よりもカルキが入っている水の方が悪くなりづらいので、水道水を与えるのがいいと思います。

 

 

登り木

 

 

半樹上性の動物で、登り木を設置して立体的に移動することができるようにしましょう。

 

登り木の他にはかじり木というものがあります。齧歯類は歯が伸びてしまうので、かじれるもので歯を削る必要があります。

 

かじっても大丈夫なもので代用することができますが、プラスチック製だと誤って食べてしまうことがあるので気をつけてください。

 

 

ヒーター

 

 

シマリスは寒さに弱いので、飼育する場合はヒーターを使って室温を管理する必要があります。

 

幼体は特に温度の変化に弱いので気をつけてください。幼体を飼育するときは温度が変化しずらいプラケースや水槽で飼育するのがいいと思います。

 

 

シマリスの餌について

 

 

シマリスは主に木の実や種、穀物などを食べます。

 

リス用の餌も販売されているので、市販の餌で飼育することができるので、簡単に飼育することができます。

 

主食はリス用のペレットを与えて、たまに木の実や種、野菜や果物を与えるのがいいと思います。

 

餌は1日2回、少なくても1日1回は与えるようにしてください。量は1日に20〜30gを目安に与えてください。

 

リスザルの餌は何がいい?リスザルの飼育にオススメの餌を紹介!!