アフリカヤマネが超可愛い!アフリカヤマネの飼育方法や特徴を紹介!!

2020年2月14日

アフリカヤマネ

アフリカヤマネはまだマイナーですが、見た目が可愛く性格もおとなしいので、とても魅力的なペットです。今回の記事ではアフリカヤマネの特徴と飼育方法について紹介します。

 

 

近年は犬や猫などの動物のほかに、うさぎやハムスター、モルモットなど様々なペットを飼育する人が増えています。

 

アフリカヤマネは小さい動物で、ペットとして飼育もしやすいので、エキゾチックアニマルの中でも近年人気の動物です。

 

今回の記事ではアフリカヤマネの特徴や飼育方法について紹介するので、興味がある方はぜひ読んでみてください。

 

ヤマネについて

 

 

ヤマネは日本にも生息していますが、日本に生息しているヤマネは絶滅危惧種なので、飼育することはできません。

 

見た目はハムスターやリスに似ているとても可愛い動物です。顔つきはハムスターに似ていますが、尻尾はリスのように大きくふさふさしています。

 

ハムスターやネズミにはない大きくて可愛らしい尻尾が特徴的です。

 

ヤマネは夜行性の動物で、森の中に生息しているので、見つけるのは困難です。日本では上野動物園で見ることができるので、見てみたい方はぜひ行ってみてください。

 

日本に生息しているニホンヤマネは体長大きくなっても8cmほどと小さいです。寿命は長く最大で8〜9年ほど生きることがあります。

 

 

 

アフリカヤマネについて

 

 

アフリカヤマネは名前の通りアフリカに生息しているヤマネです。日本に生息しているニホンヤマネは天然記念物に指定されているので、飼育することができまえんが、アフリカヤマネは飼育することができます。

 

見た目がリスに似ているので、マイクロリスと呼ばれることもあり、体長が小さくとても可愛い動物です。

 

アフリカヤマネは飼育が簡単な種類で、飼育下で繁殖させることができ、初めてでも飼いやすいペットです。

 

 

 

アフリカヤマネの特徴

 

 

アフリカヤマネは臆病で警戒心が強い動物です。なので、慣れていない時にスキンシップをするとストレスになってしまいます。

 

また、夜行性なので昼間に起こして触ったりするのもストレスになるので注意してください。性格は臆病ですが人に慣れやす動物なので、慣れればスキンシップを楽しむことができます。

 

幼体から飼育すると慣れやすいので、スキンシップを楽しみたい方は幼体から飼育して、少しずつ人に慣れさせるようにしましょう。

 

また、スキンシップをするときは尻尾には触らないようにしましょう。

 

ふさふさしていてとても可愛らしい尻尾をしているので触りたくなりますが、尻尾はちぎれやすく、掴むとちぎれてしまうことがあります。

 

ちぎれても死んでしまったりすることはありませんが、元には戻らないので、スキンシップをするときは手に載せるなどして、尻尾には触らないようにしてください。

 

 

 

アフリカヤマネの飼育に必要なもの

 

 

アフリカヤマネは飼育が簡単なペットです。ハムスターを飼育するように飼育することができます。

 

簡単にアフリカヤマネの飼育に必要なものを紹介します。

 

 

 

飼育ケージ

 

 

飼育ケージはハムスター用のものやリス用のものを飼育することができます。アフリカヤマネは枝を飛び移ったりしてよく動くので、少し大きめで高さのあるものを用意するのがいいと思います。

 

アフリカヤマネの幼体は体が小さくケージの隙間から脱走してしまうことがあるので、幼体を飼育するときはプラケースや水槽を使用するのがいいと思います。

 

アフリカヤマネはとても小さく、動きも早いので脱走してしまうと捕まえるのが難しいです。なので、脱走されないように十分注意してください。

 

 

床材

 

 

床材はハムスター用のものを使用することができます。

 

掃除のしやすさなどを考えて、牧草やペットシートを使うのがいいと思います。

 

 

レイアウト

 

 

飼育ケージの他にはハムスターを飼育するときと同様に給水機、餌皿、回し車などが必要になります。

 

ハムスターと同様のレイアウトで問題ありません。ただ、木に登って移動するので、登り木を設置して立体的に移動できるようにしましょう。

 

また、夜行性の動物なので、ケージ内には巣箱を設置して安心して眠ることができる場所を作ってあげてください。

 

 

 

アフリカヤマネの餌について

 

 

アフリカヤマネ雑食性の動物で、野生下では木の実や種、昆虫など様々なものを食べています。

 

飼育する場合はハムスター用の餌や小動物用の餌を主食として与えてください。他にもヒマワリの種やリンゴなどの果物、ミルワームなどの昆虫などをバランスよく与えてください。

 

昆虫は体を作るために必要なタンパク質が豊富なので、与えると喜んで食べます。昆虫を与えるのに抵抗があるかもしれませんが、喜んで食べる姿はとても可愛いのであげてみてください。

 

 

 

餌の与え方について

 

 

餌は餌皿に入れておいておくだけで大丈夫です。

 

ただ、夜行性なので、昼間にケージ内に手を入れて餌を交換したり掃除をしたりするとストレスになってしまいます。

 

なので、餌を与えるのは夜にしましょう。

 

また、アフリカヤマネをなれさせたい場合は夜に手に餌をおいて手渡しで餌を与えるのがいいと思います。

 

餌を与えながらスキンシップをすると少しずつなれてくれます。このとき脱走してしまうと捕まえるのが大変なので、脱走には気をつけてください。

 

パンダマウスの特徴や飼育方法について紹介!!

アフリカチビネズミの特徴や飼育方法について紹介!!