アナホリフクロウの飼育方法や特徴・寿命・餌について紹介!!

2020年9月21日

アナホリフクロウ

アナホリフクロウはとても可愛らしいフクロウで、ペットとして飼ってみたい人も多いと思います。アナホリフクロウはフクロウの中でも珍しい生態をしています。今回の記事ではアナホリフクロウの特徴と飼育方法について紹介します。

 

 

アナホリフクロウはとても可愛らしい見た目をしていて、すらっとした脚をしている面白いフクロウです。

 

体長の小さいフクロウでペットとしても飼育される事が多いです。成長すると眉毛がキリッとしてとてもカッコよくなります。

 

今回の記事ではアナホリフクロウの特徴と飼育方法について紹介するので、アナホリフクロウを飼ってみたい人はぜひ読んでみてください。

 

フクロウの値段はどのぐらい?種類別の値段や飼育費用について紹介!!

 

アナホリフクロウの特徴について

 

 

アナホリフクロウはアメリカ北部や南アメリカの南部に生息しているフクロウです。体長が小さく大人になっても25cm程度までしか成長しません。

 

アナホリフクロウはフクロウの中でも珍しく、巣穴で生活する特徴があります。プレーリードッグが作って使わなくなった古い巣穴や自分で穴を掘ってそこで生活します。

 

普通のフクロウは樹上で生活するのが一般的ですが、アナホリフクロウは地上の巣穴で一生を過ごします。

 

また、狩の仕方も独特で、アナホリフクロウは動物のフンを巣穴の近くに運び、フンに集まってくる昆虫を捕食します。

 

また、他の動物の糞の匂いを体につける事で、外敵から身を守ります。

 

アナホリフクロウは走るのがとても得意です。獲物を捕食する際は飛ばずに走って捕食します。なので、アナホリフクロウは他のフクロウに比べて足が長くてすらっとしています。

 

 

 

アナホリフクロウの値段について

 

 

ペットショップにもよりますが、30万円前後で販売されている事が多いです。他のフクロウに比べてブリーディングがあまり行われていなく、流通量が少ないです。

 

購入したい場合はフクロウ専門店で探したり、ブリーダーから直接購入するのがいいと思います。

 

 

 

アナホリフクロウの飼育方法

 

 

他のフクロウと同様の方法で飼育する事ができます。

 

ケージを使って飼育することもできますが、羽を痛めてしまう事があるので、係留飼育がいいと思います。

 

アナホリフクロウは他のフクロウに比べて運動量が多いので、毎日数時間は部屋に話して運動させてあげてください。

 

走り回るので、走りやすい場所で遊ばせてあげてください。カーペットなどがあると爪が引っかかってしまうので注意してください。

 

もちろんフクロウなので飛ぶこともできるので、扉の開けっぱなしに注意したり、家具などにぶつからないように注意してください。

 

また、遊ばせるときは砂を用意してあげるのがオススメです。

 

巣穴で生活する習性があるので、砂場を用意すると砂を使って遊びます。アナホリフクロウは暖かい地域に生息しているので、寒さには弱いです。

 

アナホリフクロウを飼育する際は保温器具を用意して、室温が下がりすぎないように注意してください。

 

フクロウの飼育は難しい?フクロウの飼育方法や飼育に必要な設備を紹介!!

 

 

アナホリフクロウの餌について

 

 

野生のアナホリフクロウは昆虫や爬虫類などを捕食しています。

 

ただ、昆虫を用意するのは大変だと思うので、他のフクロウと同様にマウスやヒヨコなどを与えるのがいいと思います。

 

マウスやヒヨコを与える場合は分や卵黄などの下処理をしてから与えるようにしてください。昆虫はコオロギやミルワームなどを食べるので、たまにおやつとして与えるのもいいと思います。

 

ただ、昆虫ばかり与えていると昆虫した食べなくなってしまうので注意してください。餌は一つのものを与えるのではなく、様々なものをバランスよく与えるようにしましょう。

 

フクロウの餌は何がいい?フクロウの餌の種類と下処理の方法を紹介!!

 

猛禽類

Posted by petshiiku