アフリカチビネズミの特徴や飼育方法について紹介!!

2020年2月17日

アフリカチビネズミはとても小さいネズミで、成体でも体調は5cmほどととても小さいです。ペットとして飼育することもでき、飼ってみたい人も多いと思います。今回の記事では、アフリカチビネズミの特徴や飼育方法について紹介します。

 

 

アフリカチビネズミは小さくてとても可愛らしいネズミです。大人になっても5cm程度で、10円玉ほどの大きさしかありません。

 

小さいネズミで動きも早いので脱走されないように注意が必要です。飼育が簡単なわけではありませんが、とても可愛らしい動物なので飼ってみたい人も多いと思います。

 

今回の記事ではアフリカチビネズミの特徴や飼育方法について紹介するので、アフリカチビネズミを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

created by Rinker
¥1,430 (2020/02/28 03:48:18時点 Amazon調べ-詳細)

オブトアレチネズミの特徴や飼育方法を紹介!!

 

アフリカチビネズミについて

 

 

アフリカチビネズミは名前の通りアフリカに生息しているとても小さいネズミです。

 

アフリカチビネズミの他にも、アフリカドワーフマウスやコビトハツカネズミ、アフリカンピグミーマウスなど様々な呼び名があります。

 

チビネズミという名前の通り、とても小さいネズミで、成体になっても5cm程度にしかならずとても小さいです。

 

世界最小のネズミとも言われています。

 

小さい体をしていますが、ジャンプ力が強く動きも早いです。危険を察知すると30cmも垂直にジャンプすることがあります。

 

とても臆病な性格をしているので、ケージ内を掃除するときなどびっくりしてジャンプしてしまうことがあります。ジャンプして脱走してしまうことがあるので気をつけて下さい。

 

 

 

アフリカチビネズミの寿命について

 

 

アフリカチビネズミの寿命は1〜2年ほどになります。

 

寿命の短い動物なので、飼育する際は繁殖できるように数匹で飼育するのがいいと思います。騒がしい環境やストレスの多い環境だと生まれた子供を食べてしまうので気をつけて下さい。

 

寿命が短い動物で、丸々2年を生きることはほとんどありません。

 

 

アフリカチビネズミの飼育方法

 

 

アフリカチビネズミはとても小さいネズミなので、金網のケージだとすり抜けて脱走してしまうことがあるので気をつけて下さい。

 

飼育する際は水槽や衣装ケースなどを使用して下さい。水槽や衣装ケースにはちゃんと蓋をして脱走されないようにしましょう。

 

蓋は目の細かい金網やメッシュ製のもので通気性のいいものを選んで下さい。

 

アフリカチビネズミは巣穴を掘って性格する習性があるの絵、飼育ケージには床材を敷いておきましょう。床材は土を使用するのもいいと思いますが、掃除が面倒な場合はチップを使用するのがオススメです。

 

飼育ケージ内にはハムスターの飼育と同様に回し車やハムスター用のトイレ、水入れ、餌入れ、巣箱を設置して下さい。

 

またげっ歯類なので、ケージ内にはかじり木を入れておきましょう。

 

 

 

アフリカチビネズミの餌について

 

 

アフリカチビネズミを飼育する際は小鳥用の複合フードを与えて飼育するのがいいと思います。

 

メインは小鳥用の複合フードを与えて、副食としてリンゴなどの果物やサツマイモやニンジン、キャベツなどの野菜を与えるようにしましょう。

 

ただ、果物は糖質も高いので与えすぎると肥満になってしまいます。なので、与えすぎには気をつけて下さい。

 

小鳥用の複合フードの他にはハムスター用のペレットやハムスター用のゼリーなども食べることができます。餌もよく食べますが、水もかなり飲むので、飼育する際は給水ボトルを用意しておくようにしましょう。

 

ピグミージェルボアの特徴や飼育方法を紹介!!