モルモットの飼育ケージは何がいい?モルモット用のケージの選び方を紹介!!

2020年2月14日

モルモット

モルモットは飼育が簡単で見た目も可愛いのでペットとしてとても人気があります。飼ってみたい人も多いと思いますが、モルモットのケージ選びで迷うことも多いと思います。今回の記事ではモルモット用ケージの選び方について紹介します。

 

 

モルモットはトイレを覚えることができないので、飼育する際は飼育ケージに入れて飼育する必要があります。

 

体長がそれほど大きくないので、飼育ケージもそれほど大きなものは必要なく、一人暮らしのお家でも飼いやすいペットです。

 

今回の記事ではモルモットの飼育ケージについて紹介するので、モルモットを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

モルモットの飼育方法や餌・飼育に必要な設備について紹介!!

 

モルモット用ケージの大きさについて

 

 

 

モルモットは大きくても体長が40cmほどと小型なので、それほど大きな飼育ケージは必要ありません。

 

うさぎのようにジャンプすることもないので、高さも30cmほどあれば十分です。

 

飼育ケージの大きさは新聞紙の半分ほどの大きさがあれば十分です。幅が60cmもあれば問題なく飼育することができます。

 

ただ、モルモットは1日の大半をケージ内で過ごすので、なるべく大きな飼育ケージで飼育して、遊び道具を充実させてあげるのがいいと思います。

 

 

 

飼育ケージの床材について

 

 

うさぎ用の飼育ケージでもモルモットを飼育することができます。

 

うさぎ用の飼育ケージは床材に金網が使用されています。金網の床材でモルモットを飼育すると足を踏み外したり挟んだりして怪我をしてしまうことああります。

 

なので、モルモットを飼育する場合は金網の床材は使わずに牧草を敷き詰めるか木製のすのこを敷いて飼育するようにしましょう。

 

牧草を敷くとフンで汚れてしまうので、週に2回程度牧草を交換するようにしてください。

 

すのこの場合は洗って何度でも使用することができます。洗うときに交換しなければいけないので、すのこを使用する場合は何枚かすのこを用意しておきましょう。

 

 

 

モルモットのケージの種類について

 

 

モルモットの飼育に必要なケージの大きさを紹介したので、次はケージの種類について紹介します。

 

自分が使いやすいと思うものを使用してください。

 

 

 

金網ケージ

 

created by Rinker
ジェックス
¥7,840 (2020/02/28 04:34:31時点 Amazon調べ-詳細)

モルモットやうさぎ用の販売されている金網のケージを使用して飼育する人が多いと思います。

 

モルモット用の金網ケージはあまり販売されていないので、うさぎ用のものを流用して飼育するのがいいと思います。専用に販売されているの使い勝手が良くてスムーズに飼育を始めることができます。

 

先ほども紹介したようにうさぎ用のものでも床材を用意すれば問題なく使用することができます。

 

 

 

衣装ケース

 

衣装ケースで飼育する人も多いです。

 

衣装ケースの方が金網のケースよりも値段が安いので、たくさんのモルモットを飼育する方は衣装ケースをいくつか用意して飼育する方が楽だと思います。

 

衣装ケースを使用する場合はモルモットがプラスチックを齧っていないか注意しておきましょう。

 

木製のケージであれば齧っても問題ありませんが、プラスチックだと間違えて食べてしまうことがあるので、気をつけてください。

 

 

 

自作ケージ

 

 

海外では木製の自作ケージを使って飼育する人が多いです。

 

ただ、日本は湿度が多いので、木製のケージだと汚れやすいので、木製の自作ケージを使用する場合はこまめに掃除をするようにしましょう。

 

100均などで売っているすのこを繋げて、囲いを作ればモルモットのケージとして使用することができます。

 

広さも自分で調節することができて、値段もそれほどかからないので、使いやすいケージが見つからない方は自分で作るのもいいと思います。

 

モルモットを飼育する場合は30cm以上の高さのある囲いがあれば飼育できるので、自作するのが面倒な場合は小型犬用のケージなどを使用するのもいいと思います。

 

モルモットにはどんな種類がいる?ペットに人気のモルモットの種類を紹介!!