キンカジューってどんな生き物?キンカジューの飼育方法や特徴を紹介!!

2020年2月14日

キンカジュー

キンカジューは猿のような見た目をしている不思議な動物です。パリスヒルトンが飼っているということで有名になり、ペットとし人気少しずつ人気が上がっています。今回の記事ではキンカジューの特徴や飼育方法について紹介します。

 

キンカジューはあまり知られていない動物で、よく知らないほとも多いと思います。ペットとして販売されていますが、わかっていないことも多く、ミステリアスな動物です。

 

不思議な見た目をしていて、とても可愛いので、飼ってみたい人も多いと思います。

 

今回の記事ではキンカジューの特徴や飼育方法について紹介するので、キンカジューを飼って見たい方はぜひ読んでみてください。

 

キンカジューとは

 

 

キンカジューはサルに似ていますが、猿の仲間ではなく実はアライグマ科の動物です。

 

メキシコやブラジルの熱帯雨林に生息しています。夜行性の動物で、昼は木の洞などに隠れていて、夜になると餌をもどめて活動します。

 

樹上棲の動物で、基本的には木の上で生活をしています。アライグマ同様に手が発達していて、キンカジューの手は人間のようになっています。

 

人にもなれやすいと言われていますが、ペットとしての歴史が浅く、わかっていないことも多いので、飼育する場合は必ず慣れるとは思わないほうがいいでしょう。

 

好奇心が強くおもちゃなどにも興味を示しますが、臆病な性格をしているので、最初のうちは無理に触ったりせず、少しづつなれさせるようにしましょう。

 

 

キンカジューの飼育にはいくらかかる?販売価格、飼育費用、餌代について紹介!!

キンカジューの値段について

 

 

キンカジューはペットショップなどで販売されることがありますが、流通量が少ないので、なかなかお目にかかることができません。

 

エキゾチックアニマルを販売しているお店などを回ってみたり、店員さんに探してもらうのがいいでしょう。

 

販売価格はショップにもよってことな入りますが、安いお店では20万円ほどで販売されていることもあります。

 

寿命も長く20年以上生きると言われているので、飼育する場合はしっかりと飼育環境を整えて長生きさせてあげるようにしましょう。

 

 

 

キンカジューの飼育方法について

 

 

キンカジューは樹上棲の動物なので、飼育する場合は高さのある猫用のケージを使用して飼育するようにしましょう。

 

ケージには登りきやハンモックなどをセットして、あとは水入れと餌入れ、温度を管理するためのヒーターがあれば飼育することができます。

 

特別な設備は必要ないので、珍しい動物ですが、それほどお金をかけずに飼育することができます。

 

 

 

キンカジューの餌について

 

 

キンカジューは草食性の強い雑食性で、主にリンゴやマンゴーなどのフルーツを食べています。

 

飼育する場合は色々なフルーツをバランスよく与えるようにしましょう。フルーツはバナナやリンゴ、アボがとなどを与えるのがいいと思います。

 

フルーツの他にもコオロギなどの昆虫も食べるので、たまにおやつとしてコオロギやミルワームなどを与えてください。

 

果物や昆虫の他にはハチミツも大好きです。ハチミツは糖分が多いので、たくさんあげると肥満になってしまいます。

 

キンカジューはハチミツをよく食べますが与えすぎには気をつけてください。

未分類

Posted by petshiiku