ミニブタの寿命はどのぐらい?ミニブタの平均寿命と長生きさせる方法を紹介!!

2020年2月14日

ミニブタ

ミニブタは有名人も飼っていたり、テレビで紹介されたりしているので、飼育してみたい人も多いと思います。今回の記事ではミニブタの寿命や長生きさせる方法を紹介します。

 

 

ミニブタは小型に改良された豚で、は室内で飼育することができ、見た目も可愛いので、ペットとして人気があります。

 

ただ、ミニといっても最大で100kg以上に成長してしまうこともあるので、注意が必要です。

 

大きさの他に、ペットを飼育する場合は寿命も気になりますよね。

 

今回の記事ではミニブタの寿命について紹介するので、ミニブタを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

ミニブタについて

 

 

ミニブタは実験動物として小型に品種改良されたブタです。ブタは人間と体の構造が似ているそうで、様々な実験に使われています。

 

最近はより小型に品種改良されたマイクロブタがペットとして販売されています。ミニといっても体重は重く、平均で50〜70kgほどまで成長します。

 

知能が高く、犬よりも頭がいいと言われています。トイレを覚えることもできて、毛が少ないので、喘息やアレルギーがある人でも飼育することができます。

 

ミニブタは生まれた時は250gほどまでしかなく、とても可愛いですが、2年ほどで大人になり体重も40kgを超えてきます。

 

赤ちゃんの時はとても可愛らしいですが、ちゃんと飼いきれるか考えてから飼育するようにしましょう。

 

ミニブタを飼ってみたい人へ!ミニブタの飼育方法や特徴について紹介!!

 

ミニブタの寿命について

 

 

ミニブタの寿命は10〜15年ほどと言われています。マイクロブタもミニブタと同様に寿命は10〜15年ほどになります。

 

犬と同じぐらいで、長くつきあることができるペットです。

 

体重さえ気にしなければそれほど飼育が難しいわけではありません。中型犬を飼育するスペースがあればミニブタも問題なく飼育することができます。

 

ただ、餌を与えすぎると大きく成長してしまうことがあります。また、個体によっては大きく成長してしまうこともあるので、飼育する場合はその点に気をつけてください。

 

 

 

ミニブタを長生きさせるには

 

 

ミニブタの寿命は10〜15年ほどですが、しっかりと飼育すればそれ以上生きることもあります。

 

また、ペットを飼育する場合はなるべく長生きさせてあげたいですよね。簡単に長生きさせる方法を紹介します。

 

 

 

餌は適切な量にする

 

 

ミニブタは餌をよく食べるので、ついつい与えすぎてしまいがちですが、餌は適切な量を与えるようにしましょう。

 

餌を与えすぎると肥満になってしまいます。肥満は様々な病気の原因になり、寿命も縮めてしまうので、ミニブタを飼育する場合は餌を与えすぎないようにしましょう。

 

 

カロリーと塩分に気をつける

 

 

人間と同じで、カロリーや塩分が高い食事をしていると病気になりやすく、寿命も短くなります。

 

人間用の食べ物を好んで食べますが、カロリーが高すぎるものや塩分が高いものは与えないようにしてください。

 

 

毎日散歩させる

 

 

ミニブタを飼育する場合は毎日散歩させて、適度に運動させてあげてください。

 

散歩の時間はそれほど長くなくてもいいので、30分ほど散歩をするようにしましょう。ミニブタは引っ張る力も強いので、散歩をさせる時はハーネスをつけて、しっかりとコントロールするようにしてください。

 

 

定期健診をしてもらう

 

 

ミニブタを飼育する場合は定期健診をして、病気になっていないか調べてもらうのがいいと思います。

 

また、餌の量などアドバイスをもらうためにも、ミニブタを見てくれる動物病院を探しておきましょう。

 

適正な体重についてや体調の変化などわからないことも多いと思います。安心してペットと過ごすためには定期検診を受けて、病気などを予防するようにするのがオススメです。

 

ミニブタは飼い主に懐く?ミニブタが懐くかやしつけの方法を紹介!!