フェネックの値段はいくら?フェネックの値段や寿命や性格を紹介!!

2020年1月29日

フェネック

フェネックはとても可愛らしく、エキゾチックアニマルの中でも人気があります。飼ってみないけどフェネックについてよく知らない人も多いと思います。今回の記事では、フェネックの値段や寿命、性格などを紹介します。

 

 

フェネックはエキゾチックアニマルの中でも人気が高く、ペットとして飼育されることも多い動物です。

 

見た目がとても可愛らしいので、飼ってみたい人も多いと思います。ただ、犬や猫のように飼育できるわけでないので、フェネックを飼育する場合はフェネックについてよく知っておきましょう。

 

今回の記事ではフェネックの値段や寿命、性格について紹介するので、フェネックを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

フェネックとは

 

 

フェネックはイヌ科キツネ族に分類される動物で、狐の仲間になります。イヌ科の中でも最小のサイズで、世界最小のキツネとしても知られています。

 

キツネの仲間なので、顔つきはキツネで、耳がとても大きいのが特徴です。耳のサイズはとても大きくて、フェネックの顔よりも大きな耳を持っています。

 

フェネックは北アフリカやサハラ砂漠などの砂漠地帯に生息しています。砂漠地帯では深い巣穴を掘って、その中で暮らしています。

 

砂漠はとても暑いので、フェネックは昼間は巣穴でじっとしていて、夜になると餌を求めて活動します。

 

夜行性なので、飼育していると夜に鳴いたり、ケージ内で砂堀をします。鳴き声は高く声も大きいので、集合住宅で飼育していると近隣の迷惑になってしまうので、飼育が難しいと思います。

 

フェネックは雑食性なので、ネズミや鳥などの小動物や爬虫類、昆虫、果物や植物などなんでも食べることができます。

 

ほとんど雨の降らない地域に生息しているので、渇きにも強いです。

 

フェレットはなつく?フェレットを懐かせる方法やしつけについて紹介!!

 

フェネックの値段はどのぐらい?

 

 

フェネックは原産地で個体数が減っていて、ワシントン条約の規制対象になっていて、商取引に制限がされているので、輸入量が少なく値段も高いです。

 

ショップなどにもよりますが、50万円から100万円以上で販売されていることが多いです。

 

国内でも繁殖されているのでブリーダーから直接購入することもできますが、繁殖が簡単な動物ではないので、ショップと同様の値段で販売されています。フェネックは猫や犬よりもブリーダーが少なく、流通量が少ないので、販売価格は高くなっています。

 

 

フェネックの寿命について

 

 

飼育下では15年ほどだと言われています。

 

野生下では10年ほどだと言われていますが、ほとんどがジャッカルやハイエナ、オオワシなどの肉食の動物に食べられてしまい寿命を全うすることができないのが原因だと言われています。

 

飼育下では15年ほど、長生きな個体だと20年ほど生きることもあるそうなので、長く付き合うことができます。

 

フェネックの性格について

 

 

フェネックはとても臆病な動物です。

 

野生下では肉食動物に食べられてしまうことが多く、食物連鎖の中では下位に属しています。

 

他の肉食動物に比べて鋭い爪や牙などを持っていないので、他の動物と戦うことはほとんどなく、基本的に身の危険を感じたら逃げ出します。

 

食物連鎖の下位にいるフェネックは天敵に狙われていないかなど常に警戒をしています。

 

飼育下でも警戒心が高く、人が近ずくと逃げ出してしまうことも多いです。小さい時から飼育することで、人になれることもありますが、大人のフェネックを人に慣れさせるのは難しいです。

 

触られるのが嫌な場合は飼い主に噛み付くことがあります。小型の動物ですが本気で噛まれれば怪我をしてしまうので、注意してください。

 

慣れれば犬のように尻尾を降ったり、撫でて欲しい保tきはお腹を見せて甘えてきます。人に慣れている姿はとても可愛いですが、飼育する場合は危険についても知っておきましょう。

 

フェネックは何を食べる?フェネックの餌と与えてはいけない食べ物を紹介!!