ウズラを飼ってみよう!ウズラの特徴や飼育方法について紹介!!

ウズラは小さい鳥で、食品としてもウズラの卵が販売されています。中華丼などにも入っていて食品のイメージが強いと思いますがペットとして飼育することもできます。今回の記事ではウズラの特徴や飼育方法について紹介します。

 

 

ウズラは鳴き声も小さくペットとしても飼育することができる動物です。見た目も体が丸っこくてクチバシも小さくてとても可愛らしい鳥類です。

 

ヒナから飼育することで人に懐くこともあるので、飼っていても楽しい動物です。

 

今回の記事ではウズラの特徴や飼育方法について紹介するので、ウズラを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

ウズラについて

 

 

ウズラは日本にも生息している鳥です。

 

草原や農耕地に生息していて、野生のうずらは春から夏にかけて卵を産み、寒い時期になると四国や九州に移動する渡鳥です。

 

日本の他にはモンゴルや中国、東南アジアに生息しています。

 

大人になっても体長は20cmほどと小さくペットとしても飼いやすいサイズです。日本では江戸時代にはペットとしてよく飼育されていて、鳴き声がとても綺麗なので、その鳴き声を競っていたそうです。

 

ヒナを育てるには温度管理などをしっかりしなければいけなく、飼育は少し難しくなりますが、ヒナから飼育することで人になれさせることができます。

 

また、うずらはほとんど飛ぶことがありませんが、飛ぶことはできるので、しっかりとケージで飼育していないと脱走してしまうことがあるので気を付けてください。

 

また、ウズラの鳴き声はとても大きいです。なので、集合住宅では飼育するのは難しいと思います。

 

オスよりもメスの方が鳴き声は小さいので、鳴き声が気になる場合はメスを飼育するのがいいと思います。

 

 

ウズラの寿命について

 

 

ウズラの寿命は10年ほどだと言われていますが、飼育下では少し短く7〜8年ほどです。

 

ただ、メスは寿命が少なく2年ほどです。メスは卵を産む数も多く、それが負担になってしまい短命になると言われています。

 

オスとメスを一緒に飼育するとオスがメスを追いかけてしまいストレスになっていまします。また、オス同士も喧嘩をしてしまうので、長生きさせたい場合は単独で飼育するのがオススメです。

 

 

ウズラの値段について

 

 

うずらを販売しているお店はそんなに多くないですが、鳥を多く扱うショップであれば販売していることがあります。

 

販売価格はそれほど高くなく2000〜3000円ほどで購入することができます。

 

また、孵化器や卵を温める環境があれば卵を孵化させるて飼育することもできます。

 

ただ、スーパーで売っているウズラの卵のほとんどは無精卵で、有精卵が混ざっている可能性は低いので、卵から育てたい場合は有精卵を購入するようにしましょう。

 

 

 

ウズラの飼育に必要なもの

 

飼育ケージ

 

 

ウズラの雛であればアクリルケースや水槽などで飼育することができます。1匹ぐらいであれば30cmほどのケージで飼育することができます。

 

ウズラが成長したら鳥かごや小動物用のケージを使用するのがいいと思います。ウズラは良く動き回るので、底が金網だと足をはさんでしまうことがあるので気をつけてください。

 

ウズラはジャンプをしたり飛んだりすることがあります。その時にケージに頭をぶつけると怪我をしてしまうので、天井には布などを貼って怪我しないようにしておきましょう。

 

 

砂場

 

 

ウズラは砂遊びが好きです。砂遊びをすることで体を清潔にするので、飼育下でも砂場を用意しておきましょう。

 

ウズラは消化を助けるために砂を食べるので、砂浴び用の砂はペット用の焼砂を使用してください。

 

 

水入れ

 

 

水入れはどんなものでも大丈夫ですが、軽いものだとひっくり返してしまうことがあるので、しっかり重量があるものがオススメです。

 

 

ウズラの餌について

 

 

ウズラ専用の餌が販売されています。

 

家畜用の販売されている餌やニワトリ用の餌はカロリーが高いので注意が必要です。ペットのウズラ用に販売されている餌の方が割高ですが栄養バランスがいいのでオススメです。

 

 

他には野菜や果物を副食で与えるのがオススメです。ウズラの雛用の餌も販売されているので、ヒナから育てる場合はヒナ用のものを与えてください。

 

ヒナ用の餌には抗生物質が入っていて、病気になりづらくなるので、生存率が良くなります。

 

ウズラのメスは卵をたくさん産むので、カルシウムが不足しがちになります。なので、メスを飼育する際はサプリメントを添加するようにしましょう。

 

 

鳥類

Posted by petshiiku