ネザーランドドワーフの特徴や飼育方法などを紹介!!

ネザーランドドワーフはペットとして人気の高いウサギの種類です。ペットして販売されているウサギの中では最も小さい種類で、飼育もしやすいので、人気があります。今回の記事ではネザーランドドワーフの特徴や飼育方法などを紹介します。

 

 

ネザーランドドワーフはペットとして販売されているウサギの中でも特に人気の高い種類です。

 

飼育も簡単で、一人暮らしでも飼いやすいので、仕事が忙しい人でも飼育することができます。

 

今回の記事ではネザーランドドワーフ特徴や飼育方法について紹介するので、ネザーランドドワーフを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

ネザーランドドワーフについて

 

 

ネザーランドはオランダのことで、名前の通りオランダで品種改良されて生まれたウサギのことを言います。

 

体長が小さくて、大人になっても26cmほどまでしか成長せず、体重は1キロほどしかありません。

 

毛色のバリエーションが豊富で、30色以上あります。ウサギの中でも飼育が簡単で、品種改良も盛んに行われているので、カラーバリエーションはウサギの中で最も多い種類です。

 

性格は活発で、飼い主にも慣れやすいので、スキンシップしても嫌がったりせず、飼っていて楽しい種類のウサギです。

 

飼い主に慣れやすいので、自分から甘えてくることもあります。

 

 

 

ネザーランドドワーフの値段について

 

 

販売価格はそれほど高くなく、ペットショップでは2万円ほどで購入することができます。

 

ウサギ専門店になると値段は少し高くなりますが、色々見てから購入したい場合はウサギ専門店に行くのがいいと思います。

 

ウサギは夜行性の動物なので、購入する際は夕方ごろにペットショップに行くのがオススメです。

 

夕方以降に行くと実際に動き回っている姿を見ることができるので、どの子をお迎えするか決めやすいと思います。

 

 

ネザーランドドワーフの寿命について

 

 

寿命は5〜10年ほどだと言われています。

 

長生きな個体だと13年を超えることもありますが、多くは5年ほどのことが多いです。長生きさせる場合は、清潔な環境でストレスの少ない環境を作ってあげるようにしましょう。

 

ストレスがたまると食欲がなくなってしまったり、病気になってしまうことがあるので気をつけてください。

 

 

 

トイレのしつけについて

 

 

ネザーランドドワーフはトイレを覚えることができます。

 

ただ、トイレの場所は子ウサギの事に教える必要があり、大人のウサギは自分で決めた場所でトイレをするようになります。

 

また、生活環境の近くではトイレをしないので、寝床や餌場の近くではトイレをしません。なので、トイレは餌場や寝床から離れた場所に設置するようにしましょう。

 

トイレの中には尿の匂いがついたものを設置しておくとトイレを覚えやすくなります。トイレ以外でフンをした場合はすぐに拭き取って匂いがしないようにしましょう。

 

 

 

ネザーランドドワーフの飼育方法

 

 

他のウサギの飼育方法と同様に飼育することができます。成体であれば特に丈夫なので飼育は簡単です。

 

ただ、ベビーは暑さや寒さに弱いので、飼育は少し難しくなります。特に寒さには弱いので、冬場はペットヒーターを用意して、保温するようにしてください。

 

ベビーを飼育する場合は24〜26度前後が理想です。それよりも室温が低くなりすぎたり、高くなりすぎたりしないようにしてください。

 

また、お迎えしたばかりで、飼育環境に慣れていないのに触りすぎたり、長時間スキンシップしてたりするとストレスを溜めてしまい、体調を崩してしまうことがあるので気をつけてください。

 

 

ウサギ

Posted by petshiiku