ポニーの飼育方法や特徴やしつけの仕方などについて紹介!!

ポニーは馬よりも小さくて、とても可愛らしいので飼ってみたい人も多いと思います。ただ、飼うにはどうしたらいいのかわからない事も多いと思います。今回の記事はポニーの飼育方法や特徴やしつけの仕方などについて紹介します。

 

 

ポニー馬よりも小さくてとても可愛らしい動物です。おっとりしていてとても可愛らしいので、飼ってみたい人も多いと思います。

 

ポニーを飼育するのは大変だと思われるかもしれませんが、一般家庭でも飼育することができます。

 

今回の記事ではポニーの飼育方法や特徴やしつけの仕方について紹介するので、ポニーを飼ってみたい人はぜひ読んでみてください。

 

 

 

ポニーについて

 

 

ポニーは小さい馬の総称で、体高が147cm以下の馬はポニーに分類されます。

 

100cm以下になるとミニポニー、83cm以下だとミニチュアホースと呼ばれます。ポニーと一言に行っても様々な種類がいて、種類によって大きさも様々です。

 

ペットとして飼育されていることも多く、一般家庭ではファラベラやシェットランドポニーが人気です。

 

ファラベラやシェットランドポニーは一般家庭で飼育することを目的に繁殖されているので、気性が温厚で飼育がしやすい種類です。

 

人にも良く懐くので、懐いている個体は名前を呼べば駆け寄ってきてくれます。

 

喧嘩をすることもほとんどなく人や他の動物とも仲良くすることができます。販売価格は高く、ショップやブリーダーから購入すると100万円ほどしてしまいます。

 

寿命は長く平均で30年ほどです。40年生きることもあるので、飼育する場合は最後まで飼いきれるかちゃんと考えてから飼育するようにしましょう。

 

病気になってしまうこともあるので、飼育する際はポニーを診察してくれる獣医さんをあらかじめ探しておきましょう。

 

 

ポニーを飼育する場合に必要なもの

 

次はポニーを飼育する場合に必要なものを紹介します。

 

 

広いスペース

 

 

ポニーを飼育する場合はなるべく広いスペースが必要です。

 

できれば広い庭があることが理想です。室内で飼育することもできますが、室内で飼育するには大きいので、屋外で飼育するのがいいと思います。

 

庭は広ければ広い方がいいです。

 

庭は10畳ほどあれば十分です。ちゃんと散歩させることができれば、馬小屋を設置するスペースがあれば十分です。

 

 

馬小屋

 

 

馬小屋は販売されていないので、自分で自作をするか大型犬用の大きな小屋を代用するのがいいと思います。

 

床にはおがくずなどを敷いておきましょう。

 

 

 

 

餌は1日に2〜3回ほど与える必要があります。1回の食事で10キロほどの乾草と大麦を500グラムを食べます。

 

他にリンゴなどの果物やニンジンやキャベツなどの野菜をおやつとして与えるのがいいと思います。

 

餌を食べる量も多いですが、餌代はそれほど高くなく、月に5000円ほどしかかかりません。

 

 

ポニーの飼育方法について

 

それではポニーの飼育方法について紹介します。

 

 

掃除

 

 

ポニーを飼育する際は毎日小屋を飼育する必要があります。

 

ポニーは小屋の中に分をするので、毎日汚れた部分の掃除するようにしましょう。

 

 

散歩

 

 

毎日30分ほど散歩をする必要があります。ロープをつけて犬を散歩するように散歩をさせることができます。

 

室内で飼育していたり、小屋が小さい場合はなるべく散歩の時間を多く取るようにしましょう。

 

散歩をさせていると雑草をよく食べます。食べても大丈夫ですが、農薬が散布されていることもあるので、その点は注意してください。

 

 

 

ブラッシング

 

 

ポニーは綺麗好きなのでたまにブラッシングしてあげるようにしましょう。

 

夏などの暑い日は水をかけてからブラッシングしてあげると喜びます。冬などの寒い時期は風邪を引いてしまうことがあるので、タオルで拭く程度にしてください。

 

 

ポニーのしつけについて

 

ポニーはとてもおとなしいですが、たまに遊んでいると人の手を噛んでしまうことがあります。

 

ポニーは遊んでいるつもりでも噛まれると痛いのでちゃんと躾をするようにしましょう。ちゃんと毅然な態度で注意すればポニーも頭がいいので人を噛まないようになります。

 

哺乳類

Posted by petshiiku