ピグミーマーモセットの特徴や飼育方法について紹介!!

ピグミーマーモセットは体長が15cmほどのとても小さい猿です。見た目がとても可愛らしいので、一時期ブームになったことのある動物です。とても可愛らしい見た目をしているので、飼ってみたい人も多いと思います。今回の記事ではピグミーマーモセットの特徴や飼育方法について紹介します。

 

 

ピグミーマーモセットは手のひらサイズの小動物で、見た目もとても可愛らしいです。世界で一番小さい霊長類とも言われています。

 

手のひらサイズの小動物ですが、飼育は簡単ではないので、ピグミーマーモセットを飼育する際はしっかりと飼育環境を整えてからお迎えするようにしましょう。

 

今回の記事ではピグミーマーモセットの特徴や飼育方法について紹介するので、ピグミーマーモセットを飼ってみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

 

ピグミーマーモセットについて

 

 

ピグミーは小さい動物に用いられることがある名前で、マーモセットは15〜25cmほどの小型の猿の名称です。

 

なので、ピグミーマーモセットは小型の猿の中でも小さい種類の猿を表した名前になります。

 

名前の通りとても小さい動物で、尻尾を除いた体長は11〜15cmほどしかありません。

 

とても小さい動物ですが、寿命は意外に長く12年ほどになります。リスザルの寿命は15年ほどなので、リスザルに比べると少し短命になります。

 

以前は世界最小の霊長類と言われていましたが、1998年にピグミーネズミキツネザルというさらに小さい種類が見つかり、現在は世界で2番目に小さい霊長類になっています。

 

 

ピグミーマーモセットの生態

 

 

ピグミーマーモセットはコロンビやペルー、エクアドル、などのアマゾン川上流に生息しています。

 

水辺の近くにある森の中で生活していて、基本的には木の上で暮らしていて、地面に降りることはほとんどありません。

 

ピグミーマーモセットの主食は樹液で、木から出る樹液を食べます。

 

ピグミーマーモセットは自分の歯で木の幹を削って、翌日にそこから滲み出る樹液を食べます。

 

自分で餌を食べるたに木の幹を削って、翌日に同じ場所に戻ってくるという行動からとても知能が高いと言われています。

 

雑食性の動物なので、樹液の他にも昆虫や果物を食べることもあります。

 

 

 

ピグミーマーモセットの値段について

 

 

ピグミーマーモセットは現在とても希少な種類になっています。

 

2006年にはワシントン条約付属書Ⅱに分類されています。なので、輸出するためには輸出国の許可が必要になります。

 

なので、ペットショップではほとんど販売されていなく入手はとても困難になっています。

 

ただ、日本国内で繁殖された個体であれば許可がなくても販売することができるので、国内繁殖個体であればペットショップで販売されていることがあります。

 

国内繁殖個体も流通量が少なく、希少性が高いので、値段は高く50万円以上で販売されることが多いです。

 

 

ピグミーマーモセットの飼育に必要なもの

 

 

飼育ケージ

 

 

ピグミーマーモセットは体長の小さい動物ですが、飼育ケージは運動不足にならないように大きめのものを用意しましょう。

 

高さは1メートルぐらいあるものがオススメです。

 

ケージは猫用などの3段ケージなどを使用すると上下に立体的に移動することができるので、そういったものを使用するのがいいと思います。

 

 

止まり木

 

 

止まり木を用意しておくことで、ケージ内を立体的に移動することができたり、止まり木を齧ってストレスを解消することができます。

 

 

バスキングライト

 

 

バスキングライトがあると自分で体温を調整することができるようになります。

 

ピグミーマーモセットを飼育する際は室温を25〜27度前後にする必要があります。冬場など気温が下がるときは特に注意が必要なので、バスキングライトを用意しておくのがいいと思います。

 

 

ピグミーマーモセットの餌について

 

 

ピグミーマーモセットはモンキーフードで飼育することができます。

 

ただ、野生下では樹液を食べているので、固形物は食べられないことがあります。そういった場合はモンキーミルクと混ぜて与えるのがいいと思います。

 

また、ビタミンが不足してしまうことがあるので、たまにビタミン剤を混ぜて与えるようにしてください。

 

モンキーフードの他には野菜を柔らかく煮た物や、果物なども食べることができます。ただ、果物は糖質も高いので、与えすぎると肥満になってしまうので気をつけて下さい。

 

幼体を飼育する際はモンキーミルクを3〜5時間に1度の間隔で与えて、4ヶ月ぐらいしたら、モンキーミルクの他に粉末のフードに野菜や果物をすり潰したものを混ぜて離乳食を作ってそれを与えるようにしてください。

 

 

サル

Posted by petshiiku