ペンギンはペットにできる?ペンギンの特徴や飼育方法について紹介!!

ペンギンはとても可愛らしくてペットとしても人気があります。ペンギンは実は一般家庭でも飼育することができる動物です。飼育は大変ですが飼ってみたい人も多いと思います。今回の記事ではペンギンの特徴や飼育方法について紹介します。

 

 

ペンギンは動物園や水族館でとても人気の動物です。よちよちと歩く姿が可愛らしく、ペンギンが好きだって人も多いと思います。

 

ペンギンはペットにできないと思っている人も多いと思いすが、実は一般家庭でもペットとして飼育することができます。

 

今回の記事では、ペンギンの特徴や飼育方法について紹介します。

 

 

 

ペンギンについて

 

 

ペンギンはペンギン目ペンギン科に属しています。鳥類になりますが、他の鳥と違い空を飛ぶことはできません。

 

空を飛ぶことができないので、陸上をまっすぐピンと立った状態で歩いています。

 

ペンギンは可愛らしい体系をしていますが、これは水の抵抗を少なくなるように進化しています。足は短く見えますが、実は体内に骨が隠れていて膝を曲げた体勢になっています。

 

 

ペンギンの寿命はどのぐらい?

 

 

野生のペンギンの寿命は大体15〜25年と言われています。ただ、研究が進んでいなく、しっかりと追跡ができていないので、正確な寿命はわかっていまっせん。

 

ペンギンは種類によって寿命も違い、飼育かだと寿命が長くなることがあります。比較的長生きな生き物なので、飼育する際は最後まで飼育することができるかしっかりと考えましょう。

 

 

ペンギンの販売価格

 

 

ペンギンは流通量が少なく、いつでもペットショップで販売しているような動物ではありません。

 

なので、ショップや時期によって販売価格が違います。

 

安い種類のペンギンであれば70万円以上で販売されていることが多いです。ちなみにキングペンギンは200〜300万円ほど、コウテイペンギンは1000万円以上で販売されていることが多いようです。

 

ペンギンは種類によっては国内で繁殖されています。

 

購入するときはペットショップの人に探してもらうか、水族館などに落としている業者から購入するのがいいと思います。

 

 

ペンギンって懐くの?

 

 

ペンギンは人にも懐くと言われています。

 

ペンギンは元々好奇心が旺盛な動物です。野生のペンギンでも人に近づいてくることも多いようです。

 

陸上にいるときに天敵に襲われることが少ないので、陸上にいるときは警戒心が薄いとも言われています。

 

ペットとして飼育していても個体差はありますが、基本的には人に懐くようです。ただ、躾ができるわけではなく、トイレの場所を覚えることはできません。

 

 

ペンギンを飼育するのに必要な環境

 

 

ペンギンを飼育するにはペンギンが快適に過ごせる場所を作ってあげる必要があります。

 

簡単にペンギンを飼育するために必要な環境を紹介します。

 

 

冷房・暖房設備

 

 

ペンギンは種類にもよりますが、人間が快適に生活することができる温度であれば飼育することができます。

 

温度を管理するために冷房や暖房設備が必要になります。

 

 

プール

 

 

ペンギンは海の中で餌を探しています。ペンギンのストレスを解消するためにも泳げる場所を用意しておきましょう。

 

プールほど大きくなくても水浴びができる場所を用意してあげるのがいいと思います。

 

 

ペンギンの餌について

 

 

野生のペンギンはニシンやイワシ、アジなどの小魚やイカやタコなどを食べています。

 

飼育する際はアジなどの魚を与えるのがいいと思います。動物園などでは寄生虫の心配が少ない、冷凍された魚を解凍してから与えられることが多いです。

 

冷凍の魚はスーパーなどで販売されている鮮魚よりも安く購入することができるので、飼育費用を抑えることができます。

 

 

鳥類

Posted by petshiiku